東大推薦入試に合格したスーパー高校生の素顔

「しまね留学」に「ネコの健康管理」

東京大学・本郷キャンパスの赤門(写真:Satomin/PIXTA)

3月10日に、東大一般入試の合格発表があったが、一足先に、東大推薦入試に合格した受験生たちがいる。3月1日号に続き、受験を決めた高校時代の思い出深い活動や、将来の夢を聞いた。

高校生のときから実験に没頭していた

化学を究め、世の中にないものを作りたい
東大理学部/通岡知輝さん・市川(千葉)

「白衣を着て、試験管を持って薬品を混ぜたり、顕微鏡を覗いたりする。物心ついた頃に見たアニメの科学者の姿に憧れ、科学者になりたいと思いました」

小学生のときもずっと理科が好きで、市川中に入学すると化学部に入部した。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

「高校では理系は週4時間化学の授業があり、約4割が実験。化学部でもほぼ毎日実験しました」と、実験に没頭する日々を送った。

高1から高2にかけて、SSHの活動の一環で、反応のメカニズムを解明するための「化学発光振動反応」の研究に取り組んだ。その研究で、高2のときに高校化学グランドコンテストで全国2位の賞を受賞した。

母がマレーシア人で、家庭では英語も使うため、英語が堪能。中3のときに英検準1級を取得し、高2のときTOEICで865という高スコアを獲得し、シンガポールで行われた「インターナショナル サイエンス ユースフォーラム」では日本代表として、英語で研究成果を発表した。

中3から4年連続で化学グランプリに出場し、高3のときに銀賞を受賞した。

推薦入試では、これらの研究発表会や各種科学コンテストでの実績と、英語能力をアピールした。

「有機化合物の新しい合成方法を研究し、世の中の役に立つ、新しいものを創りだしたい」と笑顔で将来の夢を語る。

次ページ高2で色素増感太陽電池の実験
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。