東大推薦入試に合格したスーパー高校生の素顔

「しまね留学」に「ネコの健康管理」

島根県では、19の県立高校が「しまね留学生」を受け入れている。鈴木さんが入学した津和野高校は1学年定員80人のうち約3分の1が県外出身者。東大の合格者が出たのは27年ぶりだ。

「地域活動をする部活『グローカルラボ』の部長になり、更地に農園を作ったり、地域イベントに参加したり……。アイデアを練って町のために活動できるのが楽しかったです」

高2のとき、「竹で築こう」プロジェクトが、マイプロジェクトアワードしまね大会代表に選出された。

「近年は人口減少や高齢化で、放置竹林が問題になっています。竹の文化を残すために、竹を使ったワークショップやイベントなどを開き、竹の活用、啓発、整備などに取り組みました」

北大SSPの研究は続け、高2の冬には米国の学会に参加し、東京で開催された国際北極研究シンポジウムでは、「北極圏トナカイの周遊経路変化の要因について」と題し、研究成果を発表した。

この発表後、受験勉強を始め、無料の町営英語塾HAN-KOHと、動画授業の「スタディサプリ」を活用。町営英語塾では推薦入試の書類作成のアドバイスを受け、面接練習もした。

東大で都市工学や建築について学び、将来は研究者になる夢を描いている。

模擬国連で全国優勝。将来の夢は外交官
東大教養学部/渡邊玲央さん・桐蔭学園中教(神奈川)

父がフランス人、母が日本人。日仏語を使いこなす。

「文化や風習が違う二つの国を見て育ったおかげで、子どものころから多角的な視座で国際問題を見ていたと思います」

高2で模擬国連大会・国際大会の最優秀賞に

中3の秋に模擬国連部に入部。高1の夏には校内選抜に通り、アメリカの高校に5週間留学した。高2の秋に行われた全日本高校模擬国連大会では「ジェンダー平等」の議題でアラブ首長国連邦大使を務め、誰ひとり取り残さない姿勢が評価され、最優秀賞に輝いた。

全国大会の優秀者が出場する国際大会では、南米ウルグアイの大使を担当し、安保理を想定した会議で「選挙監視」を巡る問題について討議した。

「世界各地から集まった高校生たちの思考プロセスや議論の進め方などが興味深く、有意義な経験だった。外交官に憧れていましたが、国際大会に出場してからその思いが強くなりました」

教養学部では国際関係論を専攻する。各国の政治、文化や歴史について理解を深めるほか、英語とフランス語に磨きをかけ、勉学に励みたいと意気込む。

「外交官になり、日本の強みを生かした外交政策の在り方を追究し、世界と日本の架け橋を担いたい」

次ページ猫の健康管理システムを構築!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT