共働きで「子育てと介護」をする48歳男性の悟り

愛犬の病気も死も理解できない「認知症の母」

「しかし、私も子どもを育てていくうちに、母が親としてそうしなくてはならなかったということが、言葉で説明されるよりもリアルに理解できるようになりました」

歳を重ねるごとに父親に似ていく自分。自分に似たところのある長男を見ているうちに、「私と父のようには絶対にしない」と誓うと同時に、父親には、「発達障害だったのかもしれない」と思い、母親には、「散々苦労してきた母が、なぜこんな目に遭わなければならないのか?」と哀れに感じるようになった。

「私は母のことを『お母さん』と呼べなくなっていましたが、認知症になってからは、自然に呼べるようになりました。介護が始まったころは、認知症とわかっていてもついつい怒鳴ってばかりでしたが、今は、『何も心配ないからね』と優しく接することができるようになりました」

三井さんは、ブログで日記をつけている。空いた時間に詳細な現状を伝えることができるため、理解してくれる人が見つかり、救いになった。

「会社には、介護休業取得や、その後の職種変更を認めてもらい、とても感謝しています。だけど時間が経つと、一部の社員から『まだやってたんだ……』という空気が伝わります。一度上司に現状を話したのですが、『そんな生活もう破綻してる。何とかしなよ』と言われ、相談にもなりませんでした。

私にとっては現在進行形なのに、勝手に過去のことにされていたり、周囲の理解が得られないことが最もつらいですね……」

重要なのは声を上げられる場所を見つけること

ダブルケア当事者は、多忙のあまり孤立しがちだ。三井さんは、自分のブログがダブルケア当事者たちの悩み相談の場になればと思い、情報発信を続けている。

「子育ては大変ですが、心の支えになりました。子どもがいなかったら、何回母と心中しようと思ったかしれません。ダブルケアは、『介護だけ』『子育てだけ』の人にも完全には理解はされません。憤慨することも多いですが、声を上げなければ伝わらない。怒りがバネになることもあります。ダブルケアでいちばん重要なのは、『声を上げられる場所を見つけること』。孤立がいちばんの問題だと思います」

母親は今年、要介護2に上がった。そして6月に、ステージ4の乳がんが発覚した。

「母のがんで、ますます大変にはなりますが、ダブルケアの終わりも見えてきました。ダブルケアを卒業したら、まずは伊豆の下田に行って、趣味のスキンダイビングを思う存分やりたい。その後は整理収納アドバイザー1級の資格を活かして、妻と理想の部屋づくりに取り組みたいと思っています」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT