仕事で「スルーされる人」は3要素が足りてない 恋愛にも営業トークにも使える「伝え方」

印刷
A
A
『はじめての人のための3000円投資生活』
→『3000円からできる少額投資生活』
『医者が考案した「長生きみそ汁」』
→『医者が提言!健康のためにみそ汁を飲もう』

タイトルがこう変わるだけで、本の魅力がダウンしているように感じます。

言葉にするということは、頭の中のモヤモヤや不確実なものに輪郭を与え、解像度を上げていく作業です。「キャッチコピー化」は、言語化したものをさらに魅力的なものに昇華させることをいいます。

魅力的な言葉を日頃から「貯金」しておく

では、キャッチコピー化はどうやってやればいいのでしょうか。

プロの編集者やコピーライターも苦労する作業ですから、簡単にできるというわけではありません。ただ、プロじゃないとできないわけでもありません。

僕がおすすめするのは「言葉貯金」です。

日々の生活の中で出会った魅力的なキャッチコピー、心に響いた名言、気になった言葉、そういう言葉をすべてノートやスマホにメモしておきます。そしてキャッチコピーを考えるときに、それを見返すのです。

例えば、僕はこんなことを「言葉貯金」しています。実用書を作ることが多いので、よりそこに結びつきそうな言葉を書き込んでいます。

神の手、内臓過労、出汁女、夏ストレッチ・冬ストレッチ、○○パウダー、○○食堂、悩んだ分だけ君はもっと高く飛べる、ハイブリッド○○、○○なのに○○、限界を越えて行け、疲労カレンダー、疲労3兄弟、潜在疲労度、創造力の方程式、○育、○活、前へ、いきなりピーク、専門家ブランディング、○○プレイバック、勝って喜んでいるうちは勝ったことにならない、高解像度、カレー粉力、カレーから揚げ、クリエイティブソリューション、大人の○○、○○チャージ、敵は習慣と忘却、最速で○○、クリエイティブの教養、クリエイティブハンター、ケチャドバ○○、○○の嵐、○○ヒーリング、鬼速○○、超速○○、バリューデザイン、3大○○、○○プロフェッショナル、魅力化、7つの質問、ゆる人、ノート熟成、○○脳、脱○○、○○専用、自分が高齢になるということ、先延ばし力、○○チェンジ、○○ハラスメント、凡人の逆襲……。

『パン屋ではおにぎりを売れ 想像以上の答えが見つかる思考法』(かんき出版)。書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

ここに挙げたのはほんの一例です。ここでは短いワードだけ紹介しましたが、短いワードに限らず長めの文章まで、とにかくストックしています。そして、なにかを考えるときに見返すと、言葉がさまざまなヒントを投げかけてくれます。

さらに、それをノートやスマホに書いていくことで「魅力的な言葉とはどんなものか?」という感覚が自分の中に入ってくることも、「言葉貯金」のいいところです。

企画書作りやプレゼン、セールストークなどにも役立ちますので、ぜひ実践してみてください。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT