仕事で「スルーされる人」は3要素が足りてない

恋愛にも営業トークにも使える「伝え方」

恋愛にも営業トークにも使える「相手に伝わる3つのキーワード」とは?(写真:den-sen/PIXTA)
「せっかくいいアイデアを思いついたのに、伝え方が下手でよさが伝わらない……」そんな悩みを抱えている人も少なくないのでは? 出版界のヒットメーカーとして知られる柿内尚文氏は、さまざまな思考法を駆使してアイデアを出すだけでなく、その「伝え方」にも策を凝らしているそう。そんな柿内氏に、「相手に伝わる3つのキーワード」を教えてもらいました。

3つの視点で共通点を見つける

いくらすばらしいアイデアを考えたとしても、すごい商品やサービスを開発したとしても、伝え方を間違えてしまうとその魅力は伝えたい相手になかなか届きません。

世の中には伝え方に失敗しているケースが多々あります。「価値がわかりにくい」「伝えるポイントがずれている」など残念な伝え方になってしまっているのです。

せっかくいいものなのに、伝わらないのはもったいない。

価値や魅力を伝える方法はいろいろあると思いますが、そのひとつに「自分ゴト、あなたゴト、社会ゴト」という3つのキーワードがあります。

はじめて会った人なのに、話がすごく盛り上がったなんて経験ありませんか?その理由は「共通点の発見」にあるのではないでしょうか。出身が同じだった、趣味が同じだった、共通の知人がいた……などなど。人がなにかに関心を示したり、興味を持つのはどんなものか、考えるときのキーワードの1つが「自分ゴト、あなたゴト、社会ゴト」です。

「自分ゴト」は自分の関心があること。

「あなたゴト」は家族、友人、会社の同僚など、自分と関係が深い人や自分に近しい人に関係があること。

「社会ゴト」は社会的関心や流行などです。

この3つの要素が重なると、人の興味はグッと高まります。商品やサービスならば、購入欲求の高まりにつながります。

次ページ納得感を高め、行動を後押しする
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。