「中学受験」親が子どもより先に音を上げる過酷

漫画「二月の勝者」が描く受験の現実(後編)

<第5集>コミック帯文言「その目標に届く可能性があるのは夏の終わりまで。」

『中学受験生に伝えたい 勉強よりも大切な100の言葉』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

夏休みが始まりしばらくすると、自習室の空気が変わってくる。こうして子どもたちは少しずつ本当の「受験生」になっていく。

しかしそんな中でいつまでも緊張感の足りない生徒がいた。その態度がまわりの真剣な生徒をもイラつかせる。まわりに迷惑をかけた罰として自習室使用禁止を言い渡されると、むしろ喜ぶ始末。

第5集の注目生徒「石田王羅」

徹底したやる気のなさでみんなからあきれられる石田王羅を、塾講師・橘勇作が擁護する。「だってあいつ、毎日 塾に来てるじゃん」「そもそも『小学生が毎日塾に来て座ってる』こと自体が、すごくね? すごいんだよ! だから、うちの塾に来ている奴らは1人残らず、すごい!」と断言する。

橘は黒木とよく対立し、漫画の中では浅はかな塾講師の役割を担いがちだが、実は問題児とされる子どもたちの気持ちがよくわかる、心優しい塾講師なのだ。たしかに失敗も多い橘だが、このシーンで、私は橘を好きになった。

桜花ゼミナールの塾講師。橘は浅はかな部分もあるが優しい面もある

いかに幼く勉強に向いていないからといって

王羅は幼いころに父親を亡くし、母と祖母との3人暮らし。桜花ゼミナールを学童代わりに利用している。母親は忙しく、勉強を見るどころか塾弁をつくる余裕もない。お弁当代として渡されたお金を、王羅はカードゲームに使ってしまう。

黒木は王羅に桜花ゼミナールと同系列の個別指導塾を勧める。王羅のような幼いタイプにはそのほうが向いているとの考えだ。黒木は佐倉に言う。「『中学受験をしよう』と決めたご家庭にはいろんな事情がある。その生徒がいかに幼く勉強に向いていないからといって……『塾に通わない』理由にはならない」。

しかしそれを聞いたフェニックスの灰谷は、黒木のことを「子どもを裏切り食い物にする非道い講師です……!」と批判する。

一方、「凡人こそ中学受験を」と言われて入塾した三浦佑星の両親は、今やしっかりと佑星を支えようとタッグを組んでいる。母親が「どこにも受からなかったとしても、順は順です……!」と叫んだ島津順は今や、取っ組み合いをしていた上杉海斗と親友のようになっている。中学受験は人間を変える。

順(右)と海斗(左)はよきライバルになった

桜花ゼミナールの夏合宿では、全然違うキャラの直江樹里と柴田まるみが同じクラスになり、急接近していた。樹里は天才肌の奔放キャラ、まるみは引っ込み思案で自信がもてないタイプだ。2人とも女子学院を目指している。

次ページ垣間見せる黒木のもう1つの顔
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT