「中学受験」親が子どもより先に音を上げる過酷

漫画「二月の勝者」が描く受験の現実(後編)

第7集注目生徒「柴田まるみ」

桜花ゼミナールに遊びに来た卒業生の先輩の話を聞いて、最難関・女子学院に憧れを抱くようになったまるみ。夏合宿でも健闘した。にもかかわらず、お迎えに来てくれた母親に開口一番「JG(女子学院)なんて夢見てバカだった……あたしなんかが受かりっこない……!!」と弱音を吐くというネガティブキャラ。

模試の偏差値が上がっても、喜ぶ様子もない。自習室では同じ女子学院を目指す天才肌の直江樹里と自分を比べ、卑下してしまっているようだ。

まるみはつい弱音ばかり吐いてしまう

9月に入りまるみの母親は黒木に、女子学院志望からの撤退と、クラスの降格を申し入れる。緊急の面談が催され、黒木と佐倉が対応した。母親の考えを否定も肯定もせず一通り話を聞き終えた黒木は、佐倉にこう話す。「中学受験での『途中脱落』は……受験生本人よりも、親のほうが先に音を上げる」。今回は母親のメンタルを整えるために面談を行ったというのだ。

歯を食いしばるわが子を見守るのは平常心ではできない離れ業!?

同じころ、黒木の席替えが行われた教室の中では化学反応が起きていた。樹里が隣の席のまるみの長所を何気なく次々と指摘する。樹里はまるみのいいところをまねしたいから、週末に自宅で一緒に勉強しようと誘う。樹里の自宅で、まるみは樹里の意外な一面を知る。奔放に見える樹里だが、実は樹里も樹里なりに不安を抱えていたのだ。凸凹コンビの2人は、お互いを尊敬し励まし合う仲間になった。

樹里はまじめで丁寧なまるみを尊敬している

小学生女子は人間関係で簡単に成績が上下する

その様子を見て、黒木は珍しくほっとしたように言う。「『小学生女子は人間関係で簡単に成績が落ちる』が、その逆もしかり」。

10月、最終的な志望校についての面談が始まった。親子が違う学校を望んでいるケースも多いが、「意外とピンときてない保護者が多いんですよ。『学校に通うのは自分じゃなく子ども』だということを」と黒木は指摘する。

最終的に進学先を選ぶのは本人なのか親なのか

生徒たちの成績にも変動が。つねに成績トップだった島津順が、前田花恋にその座を奪われた。「時間が残されていないのは生徒だけではない……われわれにも時間がありません!」と黒木は桜花ゼミナール吉祥寺校の講師の面々にハッパをかける。

2月の入試本番まで残り100日を切ろうというタイミング。いやが上にも塾に緊張感が張り詰める。残された時間で黒木はどうやって生徒たちを合格に導くのか、そして黒木のもう1つの顔の正体は何か……。その答えは第8集以降で明かされるだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT