中国「5G端末」接続数、20年末に世界の7割へ

通信事業者団体GSMアソシエーションが予想

中国は5Gの普及スピードで世界をリードしている(写真:GSMアソシエーションのウェブサイトより)

新型コロナウイルスの流行はグローバルな5G(第5世代移動通信)普及のシナリオを大きく変え、中国の役割がより重みを増している。

「2020年末に5Gネットワークに接続する全世界の端末数を1億2800万台と予想しているが、新型コロナ流行の影響で、昨年想定した1億7300万台より約26%少なくなる。しかし中国では5G端末への消費者の関心が高く、年末の端末数は昨年想定した3400万台を大きく超える9485万台に達する可能性がある」。6月15日、財新の取材に応じたGSMアソシエーション(GSMA)大中華地区総裁のスーハン・ボ・チェン氏はそう述べた。

GSMAは移動体通信事業者の国際的な業界団体で、世界各国から750社を超える通信事業者と約400社の通信関連企業が加盟。世界最大の通信関連展示会「モバイルワールドコングレス」の主催団体としても知られている。仮にGSMAの予想どおりなら、今年末時点で5Gネットワークに接続する端末数は中国が全世界の74%を占める計算になる。

最も安い5G端末価格は約2万4000円

「中国での力強い成長ぶりは、5Gのグローバルな発展過程で世界に自信を与えている」。そう語るスーハン氏によれば、中国では2020年1~5月に出荷された携帯端末のすでに37%を5G端末が占め、価格は最も安いものでは1599元(約2万4000円)まで下がってきているという。「中国の状況はとてもエキサイティングだ」(スーハン氏)。

本記事は「財新」の提供記事です

一方、中国以外に目を向けると状況は楽観できない。スーハン氏によれば、新型コロナの世界的大流行により各国で5Gネットワークへの投資が遅れている。

例えばフランスでは、政府が通信事業者に5G向けの周波数を割り当てるオークションが延期され、2020年末までに少なくとも2都市を5Gネットワークでカバーする計画が撤回された。

しかしGSMAは、2021年には5Gの普及が(新型コロナの影響を脱して)再び加速するとみている。そして2021年末および2022年のグローバルな5G端末数は、昨年の想定とほぼ同じ台数に追いつくと予想する。

(財新記者:張而弛)
※原文の配信は6月16日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT