「社会的成功」を収めても自己否定する人の思考

「ツレがうつになりまして」作者が苦しんだ訳

細川貂々さんの著作。最新刊は『アタックPTA』(朝日新聞出版)(写真:不登校新聞)
『ツレがうつになりまして。』など、コミックエッセイの分野で活躍する漫画家の細川貂々(てんてん)さん。数々の著作には、「ネガティブ思考になってしまう自分に迷いながら生きてきた」ことが共通して描かれている。そんな細川さんは、最近、自分を認められるようになってきたという。生きづらさを抱えてきた半生や、どのようにして自分を認められるようになったのかなどについて、子ども若者編集部のメンバーがうかがった。

苦しんだ自分への否定感

――細川さんの子ども時代のことから教えてください。

学校がとにかくキライでした。「まわりの人と同じ」を強いられるのがつらかったんです。

当記事は不登校新聞の提供記事です

私は幼いころからなぜか「まわりの人と同じ」ことができなくて、よく怒られていました。

例えば小学校の「行進」。みんなと同じように手を振って歩くことができず、私だけいつもずれていました。

ほかにも、勉強にはついていけないし、給食を食べるのも休み時間にかかるほど遅かったんです。

自分では頑張っているつもりなのに、「細川さん、ちゃんとやって」としょっちゅう先生に言われていました。

そうやって怒られ続けていると、「まわりと同じ」じゃない自分が、どうしようもなく悪い存在だと思えてきます。

人と違うこと、人と一緒のことができないこと、そうした自分をとにかく責めてしまう、ネガティブ思考の人生がここから始まったように思います。

学校には行きたくなかったけど、それが許される家庭ではありませんでした。親からは「行かないなんて選択肢はないから」と無言の圧をかけられていました。

しかたがないので、ガマンして学校に通いました。義務教育が終わるのをひたすら待っていましたね。

次ページ親の”エサ”につられて高校へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT