7年ぶりに部屋から出た僕に「母が呟いた一言」

25歳になっていた息子の姿に母は…

現在の瀧本さん。7年間、自室にひきこもっていた瀧本さんはダイエットに取り組んだ(写真:不登校新聞)
7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜さん。部屋から出た後、ひきこもっている間に太ったことを知った瀧本さんは、ダイエットに取り組んだという。

25歳のある日、僕は「7年ぶり」に鏡を見た。そう、僕は18歳から7年間、自室にひきこもっていた。その日、7年ぶりに部屋を出たのだった。

鏡を見て驚いた。髪は伸び放題で、ストレスからか、所々白髪がある。そしてなにより、太っていた。

15分間ほど、直立不動のまま動けなかった。信じられなかった。10代のときは、レディースの服が入るくらい、身体が細かった。

当記事は不登校新聞の提供記事です

でも今は自分が知っている自分じゃない。絶望的なまでに太った長髪の男、それが僕だった。

恐る恐る体重計に乗ってみると、目を疑った。何回測り直しても、「エラー」と表示された。

7年前の体重が62kgだったことは覚えている。後で知ったことだが家の体重計は100kgを超えるとエラー表示になるのだった。

玉手箱を開けておじいさんになってしまった浦島太郎のように、僕は7年ぶりに部屋から出たら100kgを超えた体重になっていた。

その事実がのみ込めなかった。完全に狼狽した。太ったからか、汗が噴き出してきたので、何はともあれ風呂に入った。

どうして裸?

入浴後、体に合う服が何1つなかったので、裸にタオルを巻いて居間でピアノを弾いた。得意だったピアノも、7年のブランクがある。思うように指が動かず、初歩的な曲も満足に弾けない。

昔は何時間練習しても疲れなかったのに、30分間弾いているだけで、お尻が痛くなってきた。そのうちに母が帰ってきた。僕を見るなり母が言った。「どうして裸なの?」。

次ページ7年ぶりに部屋から出た息子を見て母は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。