狂ってしまう人と踏みとどまる人の決定的な差

批判はいいが強制的に受け入れさせるのは危険

批判のバランスとコミュニティーの必要性について考えます(写真:Vladimir Zapletin/iStock)
今の世の中にはそこかしこにフェイクがあふれ、政治の腐敗は止まらず、世界的にも人々をうまく扇動できるインフルエンサーが力を持っている。
「人々が勝ち取ってきた民主主義の未来は危機的な状況にある」と警鐘を鳴らすのは、えらいてんちょうこと矢内東紀氏。怪しいオンラインサロンやインフルエンサー、カルト宗教、政党などに批判を加えてきた。批判とは何か、なぜ批判が必要か。「『批判と中傷』区別つかない人がカモにされる訳」(2020年6月12日配信)に続いて、著書『批判力 フェイクを見抜く最強の武器』から一部を抜粋してお届けする。

批判を受けさせる、応答させようとするのは危険

私は、批判を非常に大事なことだと考えていますが、だからといって批判された人が直ちにその批判を受け入れなければならないとか、批判されたら応答しなければならないとは一切思っていません。なぜなら、批判を受け入れさせようとする、応答させようとする行為は、大変危険な考え方にもとづいているからです。

適切な批判をすれば、わかる人には「適切な批判をした人」だとわかるし、適切な批判を受けたにもかかわらず、適切に返さなければ「まっとうな批判をも受け入れない人」と評価されるだけであって、それ以上でも以下でもありません。対応しない人に対して対応を迫るのは、連合赤軍の総括と同じで避けなければなりません。

前提として、規範に反するような人間はたくさんいるということです。そのような人間に批判を受け入れさせて、正そうとするのは難しいことであり、その行き着く先は「批判を受け入れない人間を消す」という考えです。

「規範に反するコイツはクズな人間だ! クズな人間を亡きものにしてしまおう!」というのは、日本で言えば連合赤軍、カンボジアではポルポト政権、中国であれば毛沢東率いる中国共産党による文化大革命と、大変危険な思想につながっていくことは、歴史が証明しています。本当にこれは地続きです。規範に反する人を見つけて「あいつは規範に反する人間だ! 罰しろ!」と言ってすぐに処刑するといったことは、歴史上、さまざまな場所で行われてきました。

ですから、批判はもちろんするのですが、それを強制的に相手に受け入れさせるというのは、越えてはいけない一線なのです。

次ページコミュニティーのあり方〜豚肉を食べるムスリムも認める〜
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT