抗議デモに強硬姿勢でトランプ再選はどうなる

東大の久保教授が語る混乱の背景と大統領選

現状は世論調査のとおり、バイデン氏がやや優勢ではないか。選挙の接戦州を見ても、トランプ氏は(居住地とする)フロリダなどリードすべき州で劣勢にある。前回の選挙で同氏が勝利したウィスコンシン州やペンシルベニア州、ミシガン州でもバイデン氏がリードしている。本来は共和党が強いテキサス州でも民主党の追い上げが目立つほどだ。

ときに誤解も拡散されるオンラインニュースの時代。解説部コラムニスト7人がそれぞれの専門性を武器に事実やデータを掘り下げてわかりやすく解説する、東洋経済のブリーフィングサイト。画像をクリックするとサイトにジャンプします

トランプ氏のコロナ危機対応については、初動の遅れや「消毒液を注射すればいい」といった発言などで批判が多い。同氏にとっては経済の好調がいちばんの自慢だったが、その経済もコロナ危機で大きく崩れてしまった。それで、新規感染者がまだ増えている州が多い中で行動規制を緩めようとしているわけだが、下手をすると感染者が急増し、行動規制を再強化するという最悪の悪循環になる恐れもある。

とはいえ、2016年も選挙直前までトランプ氏不利と見られていたので、どう転ぶか予断を許さない。支持率も底堅いものがあり、今後も情勢を見続ける必要がある。

――トランプ氏はコロナ禍の責任は中国や中国寄りのWHO(世界保健機関)にあるとして攻撃を強めています。

つまりトランプ氏の選挙戦略の柱は、第1に経済再開に向けて先頭に立つこと、第2に中国叩きでコロナの責任をすべて中国に負わせること、第3に黒人暴動に対する強硬姿勢、の3つといえるだろう。

「バイデン大統領」で変わることは

――バイデン氏が大統領になった場合、どのような変化が見込まれますか。

コロナの問題については、もう少し専門家の意見をしっかり聞く。感染者数を少なくする方向でリーダーシップを取る方向になるだろう。人種問題については、明らかに軸足を被害者であるマイノリティーのほうに移していき、和解のメッセージを出すだろう。

中国については、今では民主党全体が厳しい姿勢を強めており、今後も対立が続く可能性がある。TPP(環太平洋経済連携協定)にしても今では民主党も批判的になっており、バイデン政権になったからといってすぐに加盟するということにはならない。

「アメリカ第一主義」を唱えるトランプ政権は国際協力に後ろ向きで、国際連合もWHOも機能不全を起こしており、世界第1、第2の大国である米中は正面からけんかしている。この点、バイデン大統領の場合には国際協力をもっと前面に出してくるだろう。

日本としては、アメリカが国際的なリーダーシップを取ることはいいにしても、アメリカが中国に対してあまりに宥和的になりすぎても逆に困ってしまうことになるだろう。中国に対してはある程度厳しい態度をとりつつ、国際主義を推進する方向になるかが注目点となる。中国に厳しい国際主義はありうるだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT