中国の「個人向けローン」に見るコロナの爪痕

貸出額は回復、不良債権比率は小幅に上昇

個人向けローンの貸出額は家計の状況や消費者心理を敏感に映し出す(写真はイメージ)

今年1月から3月にかけて中国で流行した新型コロナウイルスは、企業活動や市民生活に多大な影響を与えた。そんななか、家計の状況や消費者心理を敏感に映す「個人向けローン」にはどんな変化があったのだろうか。

財新が入手した中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)のデータによれば、2020年1~3月期の個人向け自動車ローンおよびその他の消費者ローンの貸出総額は270億元(約4077億円)減少した。だが月次で見ると、新型コロナ流行のピークだった2月の貸出額が1600億元(約2兆4160億円)余り減少したのに対し、経済活動の再開が始まった3月の貸出額は逆に1200億元(約1兆8120億円)余り増加した。

個人向けクレジットカード・ローンも同様だ。1~3月期全体では3300億元(約4兆9830億円)余り減少したなかで、2月は4000億元(約6兆400億円)余り減少し、3月は1400億元(約2兆1140億円)余り増加した。

ローンの資産の質は総じて安定

一方、個人向けローンの不良債権比率は小幅に悪化した。銀保監会のデータによれば、3月末時点の自動車ローンおよびその他の消費者ローンの不良債権比率は年初時点より0.24ポイント、クレジットカード・ローンは同0.25ポイントそれぞれ上昇した。

本記事は「財新」の提供記事です

ある銀保監会の関係者は財新記者の取材に対し、不良債権比率の上昇について2つの要因を挙げた。第1に、コロナの影響で一部の個人の返済能力に影響が出ていること。第2に、クレジットカード・ローンは返済期限が比較的短いため、返済能力低下の影響がすぐに表れやすいことだ。

とはいえ総じて言えば、コロナの流行期にも個人向けローン資産の質は安定していた。「今後は中国の景気が徐々に上向くとともに、ローン利用者の返済能力も回復する」と、この関係者は予想する。

(財新記者:胡越)
※原文の配信は5月26日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。