中国の「個人向けローン」に見るコロナの爪痕

貸出額は回復、不良債権比率は小幅に上昇

個人向けローンの貸出額は家計の状況や消費者心理を敏感に映し出す(写真はイメージ)

今年1月から3月にかけて中国で流行した新型コロナウイルスは、企業活動や市民生活に多大な影響を与えた。そんななか、家計の状況や消費者心理を敏感に映す「個人向けローン」にはどんな変化があったのだろうか。

財新が入手した中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)のデータによれば、2020年1~3月期の個人向け自動車ローンおよびその他の消費者ローンの貸出総額は270億元(約4077億円)減少した。だが月次で見ると、新型コロナ流行のピークだった2月の貸出額が1600億元(約2兆4160億円)余り減少したのに対し、経済活動の再開が始まった3月の貸出額は逆に1200億元(約1兆8120億円)余り増加した。

個人向けクレジットカード・ローンも同様だ。1~3月期全体では3300億元(約4兆9830億円)余り減少したなかで、2月は4000億元(約6兆400億円)余り減少し、3月は1400億元(約2兆1140億円)余り増加した。

ローンの資産の質は総じて安定

一方、個人向けローンの不良債権比率は小幅に悪化した。銀保監会のデータによれば、3月末時点の自動車ローンおよびその他の消費者ローンの不良債権比率は年初時点より0.24ポイント、クレジットカード・ローンは同0.25ポイントそれぞれ上昇した。

本記事は「財新」の提供記事です

ある銀保監会の関係者は財新記者の取材に対し、不良債権比率の上昇について2つの要因を挙げた。第1に、コロナの影響で一部の個人の返済能力に影響が出ていること。第2に、クレジットカード・ローンは返済期限が比較的短いため、返済能力低下の影響がすぐに表れやすいことだ。

とはいえ総じて言えば、コロナの流行期にも個人向けローン資産の質は安定していた。「今後は中国の景気が徐々に上向くとともに、ローン利用者の返済能力も回復する」と、この関係者は予想する。

(財新記者:胡越)
※原文の配信は5月26日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT