「プジョー508SW」乗ってわかった意外な瞬発力

このステーションワゴンはおしゃれで味がある

プジョー508SWがよくデキてるの、知ってますか?(写真:LEON編集部)
ドイツ車にはない、エスプリ感覚が魅力のフランス車。ネコ足と呼ばれた鷹揚な乗り味もいまや過去の話で、その走りはもはやグローバル水準。でも、やっぱり味がある。そんな中でも実用的で速い、プジョーの508SWをチェックします!

やっぱりひと味違う、おフランスなステーションワゴン

世のオヤジさん、街に山に海に草原(ゴルフ)に出かけたくてうずうずしていることと思います。まだ一部地域では自粛要請が解除されていませんから、もうすこし三密避けて、なるべく在宅で、COVID-19の収束を待ちたいものです。

本記事はLEON.JPの提供記事です

外出ができるようになったら、アレしたい、コレしたい。と、オヤジさんたち、夢をふくらませているのではないでしょうか。なにはともあれ、思う存分ゴルフですかね、やっぱり。

もしそんなタイミングで、なにかいいニューモデルないかなと探すなら、けっこうおもしろいクルマ、あります。日本車やドイツ車や英国車(それにイタリアのスポーツカー)になじみのあるオヤジさんには意外な選択かもしれませんが、フランスのプジョーが手がけている「508SW」です。

LEDデイタイムランニングライトが特徴的(写真:LEON編集部)

一方で、ステーションワゴンの便利さも、オヤジさんならよーくご存知のはず。最近は少なくなってきたとはいえ、街の回転式駐車場に難なく入庫できるし、乗り心地の快適さはセダンとほぼ同等ですから。

特徴は車名「SW」が表すとおり、ステーションワゴンという車型。いまは(あいかわらず)世界的にSUVが人気ですよね。オヤジさんたちも、初代レンジローバーやジープチェロキーなどなど、SUV好きな方も多いのでは?

緩やかな下降線を描くルーフライン(写真:LEON編集部)

508SWは2019年に日本発売された、最新のプジョー車であります。

サイズは全長4790ミリあって、ホイールベースも2800ミリ。けっこう立派な大きさで、ファミリーで乗るのもよし、あるいは後席を倒せば、サーフボードだってスキーだって入りますから、彼女と楽しい週末旅行も楽しめちゃうでしょう。

次ページ日本に導入されているのは計3種
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT