「プジョー508SW」乗ってわかった意外な瞬発力

このステーションワゴンはおしゃれで味がある

全長4790ミリ、全幅1860ミリ、全高1420ミリのボディは、やや幅が広いと思う人もいるかと思いますが、東京をはじめ日本での市街地の使い勝手としては悪くないです。

ヘッドランプをうまく使って個性を演出するのが昨今のプジョー流(写真:LEON編集部)

自分が乗るという前提で欲をいえば、ごくわずかな角度だけ操舵(ステアリングホイール操作)するときの、操舵輪(前輪)の応答がもうすこし速いと、狭い場所での取り回しがさらによくなるんじゃないかと思います。

つまり、すっと切ったら、ドライバーの意図どおり、ミリ単位って感じで車体も間髪いれずにすっと動く、その感じが自分は好きなんですが、フランスのクルマはあまり得意じゃないんですね。

508SWにまかせとけば大丈夫!

ともあれ、広々とした後席に家族や友人を乗せるのもいいし、いっぽうで2人でというのもいい。どちらも、508SWにまかせとけば大丈夫。要は許容範囲が広く、使い勝手がいい、ということでしょう。ステーションワゴンにつきまといがちな、日常的な雰囲気がちょっと希薄なのも、人によっては評価ポイントかと。

荷室の存在感をやや消したのが特徴的なプロファイル(写真:LEON編集部)

価格は「508 SW Allure」が450万2000円、「508 SW GT Line」が493万円、そして「508 SW GT BlueHDi」が526万6000円。

ライバルはボルボの「V60」シリーズがまず思いつきます。全長4760ミリでホイールベース2870ミリのステーションワゴンです。ただしディーゼルの設定はなく、ガソリン(514万円~)とハイブリッド(674万円~)のみの設定です。

ボルボのこのステーションワゴンは(標準の金属サスペンションのままだと)やや硬めの足まわり。荷室にたっぷり荷物を積んで走るってことを想定しているんでしょう。雰囲気でいうと、プジョー508SWのほうがオシャレです。欧州車、ドイツ車でなくても、けっこう味があるんです。

(文:小川フミオ / ライフスタイルジャーナリスト)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT