「自国優先」にもグローバリズムが必要な逆説

コロナ後の社会と「ボディ・パンデミック」 

疫病の流行は国家的危機。

戦後日本は長らく、安全保障に力を入れてこなかったわけですが、ナショナリズムの原則に基づいて「感染症に強い社会づくり」を促進するのは望ましいことです。

いわばボディ・ポリティックの体質改善。

これにはインバウンドの見直しはもとより、食料自給率の向上、先端医療への投資、経済格差の是正、社会保障の充実といったことも含まれます。

けれども問題は、交通・輸送手段の発達を否定するなど、結局は誰にもできないこと。

人間がナショナリズムに回帰しようと、ウイルスの側がグローバリズムに目覚めてしまったのです。

これはどの国のボディ・ポリティックであれ、感染症予防に関しては、ほかのボディ・ポリティックと(否応なしに)つながっていることを意味する。

病原体の側にしてみれば、今や人類は地球規模で1つの身体をつくるに至った、そう形容してもいいでしょう。

ボディ・ナチュラル(自然的身体=個人の生身の身体)、ボディ・ポリティック(政治的身体=統合された社会や国家)につづく、「ボディ・パンデミック」(疫病的身体=病原体のエサとしての全人類)とも言うべきものの誕生です。

主導権は病原体の側にある以上、ボディ・パンデミックについても、人間の都合で分離することはできません。

「世界全体の健康なくして、自国民の健康はない」

「世界は本当に1つの村のようなものなんだ。世界のどこであれ、疫病を放っておいたら、明日はわが身と思わなければならない」

ノーベル賞を受賞した分子生物学者、ジョシュア・レーダーバーグの言葉ですが、こうなるとナショナリズムは、コロナ後の時代を生き抜く必要条件ではあっても、十分条件とは言えない。

われわれはボディ・ナチュラル、ボディ・ポリティック、そしてボディ・パンデミックの3つの身体を守らねばならないのです。

今後の疫病発生を封じ込めるには、「世界全体の健康なくして、自国民の健康はない」というグローバリズムに基づいた、国境を越えた地球規模の連携が求められる。

まずは自国のボディ・ポリティックを守ることが最優先としても、世界が一体となってボディ・パンデミックを守らなければ、結局はウイルスに勝てない!

われわれが直面する状況には、そんなパラドックスが潜んでいます。

「身体」の概念を媒介として、ナショナリズムとグローバリズムの間に、新たなバランスを作りあげねばならない、そう要約することもできるでしょう。

さもなければ、遅かれ早かれ、われわれのボディ・ナチュラル、自然的身体が冒されることになるのです。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。