コロナ対策は「予防徹底は不可能」が前提だ

弱者に負担を押しつける「分離型自粛緩和論」

新型コロナウイルスの予防措置であれ、「コロナ弱者」の隔離・保護であれ、徹底できるはずだと思うと被害は逆に大きくなる(写真:Juanmonino/iStock)  
内外で議論の最先端となっている文献を基点として、これから世界で起きること、すでに起こっているにもかかわらず日本ではまだ認識が薄いテーマを、気鋭の論客が読み解き、議論する「令和の新教養」シリーズ。
前回に続き、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、われわれの身体への脅威のみならず、社会全体にどのような影響を及ぼしているのかを、「コロナ対策の3つの原則」という視点から評論家・作家の佐藤健志氏が読み解く。

ボディ・ポリティックの存在を踏まえて

社会的な集団や組織について、われわれはしばしば「ひとつの巨大な身体」のイメージで捉えます。

これから世界で起きること、すでに起こっているにもかかわらず日本ではまだ認識が薄いテーマを、気鋭の論客が読み解き、議論します。この連載の記事一覧はこちら

だからこそ、企業や団体、あるいは組合が「法人」と位置づけられる。

法律によって「人」のごとく見なされる存在ということですが、法人の反対概念は「自然人」です。

むろん、国家も例外ではない。

中世以来、ヨーロッパでは「ボディ・ポリティック」(政治的身体)という概念がありました。

こちらも反対概念が「ボディ・ナチュラル」(自然的身体)なのが面白いところですが、王はこの2種類の身体を同時に持っているとされたのです。

自然的身体とは、王の生身の身体。

政治的身体とは、人々を導き、経世済民を達成するための政府と政策。

よって政治的身体は目に見えないのですが、王の自然的身体は、ボディ・ポリティックを象徴的に具現化しているとされました。

しかるに主権国家の概念が確立されるにつれ、王が支配する人々、つまり国民もボディ・ポリティックに含まれてゆく。

「政治的身体」とは、個々の国民の身体によって構成された巨大な身体であり、「元」ないし「首脳」としてそのてっぺんに鎮座するのが王である、というイメージです。

そのような形でボディ・ポリティックに組み込まれた人々のことを「国民」と呼ぶ、そう言えばさらに正確でしょう。

次ページコロナ対策の3つの原則
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT