中国IT「テンセント」ゲーム好調でも不安な理由

オンライン事業は伸長も投資部門は利益急減

幅広い事業を展開するテンセントにとって、新型コロナは追い風にも逆風にもなる(写真:編集部撮影)

新型コロナウイルスの流行は、中国IT大手の騰訊(テンセント)の業績にとって総合的にはプラスに働いたようだ。

同社は5月13日、2020年1~3月期の業績を発表した。それによれば、同四半期の売上高は前年同期比26%増の1080億6500万元(約1兆6300億円)と大幅な伸びを示し、市場の事前予想を上回った。これを受け、香港証券取引所に上場するテンセントの株価は一時437.60香港ドル(約6043円)と、2年ぶりの高値をつけた。

一方、1~3月期の純利益は288億9600万元(約4350億円)と前年同期比6%の増加にとどまった。売上高に比べて伸び率が低かった主因は、新型コロナの打撃を受けた投資部門の利益急減だ。なお決算報告書によれば、投資利益、無形資産償却、ストックオプションなどを除いた非国際会計基準ベースの純利益は前年同期比29%増の270億元(約4070億円)だった。

「ウィーチャット」のユーザーが12億人突破

ここからわかるように、新型コロナの影響は事業分野によって明暗が分かれる。中国では1月下旬からのロックダウン(都市封鎖)をきっかけに、多くの人々が以前より長い時間をオンライン上で過ごすようになった。その恩恵を受けたのがオンラインゲーム、動画配信や音楽配信などのデジタルコンテンツ、そしてネット広告の各事業だ。

テンセントの対話アプリ「微信」(ウィーチャット)は、1~3月期に交わされたメッセージの総数および使用時間がともに大きく伸長し、月間アクティブユーザー数は12億人を突破した。微信はテンセントの様々なサービスの「入り口」であり、なかでもオンラインゲームの課金売り上げは372億9800万元(約5620億円)と前年同期比31%の伸びを示した。

デジタルコンテンツ事業では、動画配信の会員数が前年同期比26%増の1億1200万人、音楽配信の会員数が同50%増の4300万人に達した。ネット広告の売上高は177億1300万元(約2670億円)と同32%増加した。

本記事は「財新」の提供記事です

一方、新型コロナがマイナスに作用したのがフィンテック、クラウド、法人向けサービスの各事業だ。ロックダウンは中国の企業に業務デジタル化の推進を促したものの、テンセントが新規受注を獲得するための商談や入札、プロジェクト立ち上げなどの妨げになったからだ。しかし同社総裁(社長に相当)の劉熾平氏によれば、新型コロナの負の影響は4月から徐々に薄まり、5月以降のビジネスは基本的に正常化したという。

(財新記者:銭童)
※原文の配信は5月14日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。