東京電力でコロナ感染者はなぜ多発したのか

合計22人の感染が判明、電力供給に不安も

東京電力グループで、新型コロナウイルスの感染者が相次いで発生している(撮影:今井康一)

東京電力グループで、新型コロナウイルスの感染者が相次いで発生している。

東電はこれまで、送配電会社「東京電力パワーグリッド」や火力発電・燃料会社「東京電力フュエル&パワー」など主要グループ企業に限って、感染が確認された人数や状況をホームページ上で開示してきた。

だが、東洋経済の取材により、グループ全体では4月30日までに公表していた数字(11人)の倍に相当する22人(委託先企業の社員を含む)の感染者が出ていたことが判明した。

柏崎刈羽原発でも感染者が判明

これまでに感染が確認されたのはいずれもグループ中核企業のうち、前出の2社に加え、持ち株会社の東京電力ホールディングス、東京電力エナジーパートナー(電力・ガス販売業務)などだ。それ以外にも、東電がグループ企業と位置づけている関電工で6人、東電タウンプランニングで2人、東光高岳で1人、東電物流で1人、テプコ・ソリューション・アドバンスで1人(同社の業務委託先企業の社員)の感染が確認されたことが東電への取材でわかった。

現時点で保健所から「クラスター」(集団感染事例)と認定された事例はないものの、東電ホールディングスの新潟本部(柏崎市)や東電の本社建物内にある東電フュエル&パワーでは、同じ職場に勤務する複数の社員の感染が確認されている。部署は別であるが、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市・刈羽村)でも、社員2人の感染が明らかになっている。

柏崎市内ではこれまで、地元の保健所によって感染が確認された5人が全員、東電関係者(うち4人が東電社員、うち1人が家族)であることが判明している。事態を重く見た櫻井雅浩・柏崎市長は4月24日付で東電ホールディングスの小早川智明社長宛てに対策強化を求める要請書を提出。同日の緊急記者会見で櫻井市長は「(東電の情報開示などの対応は)もどかしい」と苦言を呈した。

次ページ原発再稼働に向けた工事は中断
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。