コロナ感染リスクが高い「23の職業」意外な一覧

現場で奮闘する人たちにせめて防護の備えを

運転業はリスクの高い順に、バス運転手、駅員、パイロット、タクシー運転手と評価。タクシー運転手はもっとハイリスクに思えるが……。

関西福祉大学の勝田吉彰教授(渡航医学)は「考えられるのはいっときに会う人数ですね」と話す。

「タクシーが乗せる客はだいたい2~3人。バスはもっと大勢を乗せて走ります。パイロットは誰にも会わなさそうですが、乗務前には多くのスタッフと複数のミーティングをこなします。どの運転手であっても、アルコール検査や点呼時にリスクが発生していそうです」(勝田教授)

通勤ラッシュ時に不特定多数の乗客をさばく駅員は、危険度が高くなりそうだ。

クラスター感染があった葬儀にもリスクが伴う。

「陽性患者のご遺体はパッケージされるなど感染防止策が徹底されています。しかし、業者は一般の葬儀で不特定多数の遺族や参列者に応対しなければなりません」

と前出の勝田教授。

業者側も「密閉」「密集」「密接」を避ける工夫をしているようだが、油断のないように。

マッサージ店や脱毛サロンは…

整体師のリスクも高めだった。仕事のスタイルが似ているマッサージ店や脱毛サロンで働く人も同レベルとみられる。

国立感染症研究所が撮影した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(写真:週刊女性PRIME)

「マッサージ店の従業員は、狭い個室で客に密着するようであればリスクは高まります。広い空間で換気しやすい職場環境ならば別ですけれども。脱毛サロンも、密閉された狭い空間で施術することが多い。とりわけ、男性の口のまわりのヒゲを脱毛するときがいちばん危ないと思いますね。最近の若い男性は、ヒゲの脱毛をする人が増えているみたいですから」(前出・佐藤院長)

一方、リスクが低かったのは農業従事者や木こりだ。

「屋外で人とほとんど会わずに黙々と作業しますからね。人と会わなければ感染しません。逆にどのような業界であっても、多くの人と会う仕事ならば注意が必要です」(前出・上理事長)

いまは緊急事態下にある。

仕事のやり方を工夫して、少しでも感染リスクを下げておきたい。

次ページ職業別感染リスク一覧
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。