イオン、よくて「営業利益半減」の衝撃シナリオ

休業で賃料実質ゼロ、収益柱「不動産」に陰り

最悪シナリオだと、イオンの2021年2月期の利益は半減以下になる見通しだ(撮影:尾形文繁)

「現在の状況を戦時中と捉えよ」

新型コロナウイルスが猛威を振るうさなか、GMS(総合小売店)最大手であるイオンの岡田元也会長は、そう社内に檄を飛ばしているという。イオングループ会社のある首脳は「グループ内の危機意識は相当に高まっている」と明かす。

最悪シナリオだと営業利益は77%減

イオンは4月10日、2021年2月期の業績見通しを発表した。売上高にあたる営業収益が8兆円~8兆4000億円(前期実績8兆6042億円)、営業利益を500億円~1000億円(同2155億円)とみている。新型コロナの影響が予測不能なこともあり、営業収益と営業利益のみの開示で、しかも幅を持たせた予想となった。

決算発表直前まで、業績見通しを公表しない方向で検討が進められていた。前出のグループ会社首脳は「連結の業績予想を出したことには正直驚いた。新型コロナ影響によるダメージが測れない以上、合理的な予想の算出は不可能だ。実際、グループ傘下には予想を算出していない企業も多い」と語る。

先行き不透明な状況下にあるため、2020年度の業績見通しを公表しない上場企業が続出している。しかしイオンは、「開示できるものはしたほうがよい」(イオン広報・IR担当者)と、業界最大手としての説明責任も考慮したうえで決断した。

見通しを示したこと以上に衝撃だったのが収益の下落幅だ。2021年2月期の営業利益は最悪シナリオの場合、前期比で77%減となる。金額にして1600億円を超える額が吹き飛ぶことになる。

次ページリーマンショック時以上の減益幅
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。