Jフロント、コロナで敷く「トロイカ体制」の成否

5月に7年ぶりトップ交代、山本長期体制に幕

J.フロント リテイリングは新型コロナウイルスをトロイカ体制で乗り切る(撮影:今井康一)

大混乱期での経営トップ交代となった。

大丸松坂屋百貨店を展開するJ.フロント リテイリングは4月10日、山本良一社長(69)が退任し、後任にJフロント取締役で大丸松坂屋百貨店社長の好本達也氏(64)が昇格する人事を発表した。株主総会後の5月28日付で好本氏は社長に就任、山本氏は取締役会議長に就く。

「期せずして逆風下での船出となるが、当初から計画していた社長交代を実行することにした」

発表同日に開かれた記者会見の席上、山本氏は新型コロナウイルスが世界中を襲う状況下で新体制を発表した理由について、このように語った。

百貨店業界に吹くコロナの風

今回の経営トップ交代については、「そろそろだろうな、と多くの社員は見ていた」(Jフロントグループの幹部)という声が上がる。山本氏は2003年に大丸(当時)の社長に就任し、大丸と松坂屋ホールディングス(HD)が統合して誕生したJフロントの社長に2013年から就き、長期政権となっていた。

Jフロントは2017年以降、ラグジュアリーモールの「GINZA SIX」(ギンザシックス、東京・中央区)、松坂屋上野店南館跡地に建つ「上野フロンティアタワー」(東京・台東区)、大丸心斎橋店本館(大阪市)や渋谷パルコ(東京・渋谷区)の再開発といった大型案件を次々と手がけ、これらはいずれも2019年までに竣工した。

ところが足元では、百貨店業界に新型コロナウイルスが襲いかかっている。Jフロントも4月8日から大丸心斎橋店など9店舗の休業を余儀なくされている。

同社が4月10日に発表した2021年2月業績の通期見通しは、営業利益が前期比70%減 の120億円。大幅減益を見込むとはいえ、このシナリオは「上期に新型コロナ影響がピークアウトし、下期には上向いてくるだろう」(Jフロント)という、やや楽観的な見通しに基づいている。いずれ下方修正を迫られる可能性は否定できない。

次ページ2020年は新中計の準備期間に
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。