第4回 タメ口だらけのドイツ・スポーツクラブ

柔道でもフラットな関係

先生にも「おまえ」

メンバー同士のタメ口カルチャーはトレーナーに対しても同様だ。とりわけドイツでも盛んな柔道を見ると、日本との比較がしやすく、その特徴が明確に見える。

 通常、練習前には先生と向き合って正座し、「先生に礼」と掛け声。一斉に礼をする。これはドイツでも一緒。わざわざ「センセー ニ レイ」と日本語でやる。だが、センセーとはトレーナーであり、基本的にはクラブのメンバーである。日本の感覚だと、先生には敬語を用いるものだが、ドイツではクラブメンバーなので当然、「おまえ」だ。

図1 練習前の並び方(日本の柔道)

練習中でもトレーナーをつかまえて「ここのところをもう一度教えてくれる?」と頼むことがある。このときの二人称も「おまえ」だ。何よりもトレーナーの指導に納得がいかないと、ちょっとした議論がおこることもある。
 いずれにしても一定の敬意はお互いに持っているのだが、柔道の流儀で「センセー ニ レイ」と言いつつ、ドイツには日本風の先生はいないのだ。

図2 練習前の並び方(ドイツの柔道)

トレーニンング開始前の座り方にもドイツらしさが出る。上級者から順番に座るところまでは日本と同じだ。だが人数が多いために練習場の端から端まで一杯になったときがちがう。日本の場合2列、3列と座るが、ドイツの場合、端まで一杯になるとそのままアルファベットのL字型に座っていくのが主流。「上級者から座る」ということは行われるが、1列に座ることでメンバーの平等性を実現するかたちだ。(図1、2参照)

 以上を見ると、柔道の流儀とスポーツクラブの理念が絶妙に組み合わさっているのがよくわかる。日本の柔道が「体育会系柔道」とすればドイツは「スポーツクラブ柔道」なのだ。

次ページ「敬意」がポイント
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT