第4回 タメ口だらけのドイツ・スポーツクラブ

柔道でもフラットな関係

「敬意」がポイント

ドイツのスポーツが「勝利至上主義」になりにくいのは、試合で勝つこと以外にも、多くの社会的価値をスポーツに期待し、実際に機能しているからだと思われるが、スポーツにおけるクラブメンバーの平等性の実現もそのひとつだ。

 もちろんドイツでも学校や職場でいじめはある。しかしスポーツの現場において日本のような社会的問題にはならない。そもそも年齢序列の感覚が少ないドイツ社会だが、スポーツクラブではフラットな関係をより強調する。これによって強い緊張感の伴う人間関係が生まれにくく、いじめも発生しにくい構造をつくっているのではないだろうか。

   ただ、日本の先輩・後輩も相互に敬意の伴う関係があれば、集団の秩序づくりの基礎としては悪くないと思う。日本の部活事情を知るある学生は「(ドイツの)学校で行うプロジェクトでは皆、自由すぎてまとめるのが大変。日本のように先輩・後輩の関係がほしいと思う時がある」ともらす。

 たしかにドイツの青少年のスポーツの現場を見ていると、あまりにも自由すぎて「ゆるい」と見えることがある。年齢序列を無理に破壊するよりも、相互敬意が伴い、自由に意見を言い合える先輩・後輩関係をどうすれば作れるか。ここから考えてみる必要もあるかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。