第4回 タメ口だらけのドイツ・スポーツクラブ

柔道でもフラットな関係

「敬意」がポイント

ドイツのスポーツが「勝利至上主義」になりにくいのは、試合で勝つこと以外にも、多くの社会的価値をスポーツに期待し、実際に機能しているからだと思われるが、スポーツにおけるクラブメンバーの平等性の実現もそのひとつだ。

 もちろんドイツでも学校や職場でいじめはある。しかしスポーツの現場において日本のような社会的問題にはならない。そもそも年齢序列の感覚が少ないドイツ社会だが、スポーツクラブではフラットな関係をより強調する。これによって強い緊張感の伴う人間関係が生まれにくく、いじめも発生しにくい構造をつくっているのではないだろうか。

   ただ、日本の先輩・後輩も相互に敬意の伴う関係があれば、集団の秩序づくりの基礎としては悪くないと思う。日本の部活事情を知るある学生は「(ドイツの)学校で行うプロジェクトでは皆、自由すぎてまとめるのが大変。日本のように先輩・後輩の関係がほしいと思う時がある」ともらす。

 たしかにドイツの青少年のスポーツの現場を見ていると、あまりにも自由すぎて「ゆるい」と見えることがある。年齢序列を無理に破壊するよりも、相互敬意が伴い、自由に意見を言い合える先輩・後輩関係をどうすれば作れるか。ここから考えてみる必要もあるかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT