第4回 タメ口だらけのドイツ・スポーツクラブ

柔道でもフラットな関係

「われわれには<おまえ>と呼び合う文化がある」

それに対してドイツの社会では年齢序列の感覚はほとんどない。が、二人称に関していえば親称「ドゥ(Du/おまえ、君)」と社交称「ジー(Sie/あなた)」の2種類がある。「あなた」から「おまえ」に変わるタイミングは世代などの属性によっても異なり、ネイティブでも迷う。日本語の感覚でいえば、いつからタメ口で話せるか、必要以上の丁寧語や敬語をいつから外すか、というのと近いのかもしれない。

 ただスポーツクラブでははっきりしている。メンバーになったとたん「おまえ」である。たとえ16歳の若者が50歳の大学教授と話すときでも、メンバー同士なら「おまえ」なのだ。名づけて「タメ口カルチャー」だ。

 当連載でも以前触れたが、ドイツのスポーツクラブの歴史は19世紀から続くもので、今の日本の感覚でいえばNPOと考えると理解しやすい。
 そんなスポーツクラブには様々な理念や理想が付されてきた。もっとも歴史が長いだけに時代によってはナショナリズムを育む装置とされたり、軍事化をすすめることに使われたこともあった。

 ひるがえって19世紀といえば、身分・階級がよりはっきりあった時代だ。その中で教養市民と呼ばれるエリートも労働者も、そしてクラブ内の上層部も一般のメンバーも、どのような立場であってもメンバーはお互いに「おまえ」と呼び合うことになった。

 スポーツをともにおこなうメンバーの平等性という理想がそこにあったからだ。そしてそれは現代でも残っているわけだ。1848年設立のあるスポーツクラブの会長などは「われわれには<おまえ>と呼び合う文化がある」と誇らしげに述べる。

次ページ先生にも「おまえ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。