「コロナ恐慌」後、アメリカを待つ4つのシナリオ

「ニューアブノーマル」時代がやって来るのか

当然ながら経済対策も「リーマン越え」である。アメリカでは家計宛てに直接小切手を配る、失業保険の拡充、企業向け融資、医療機関支援などを含めて、総額が実に2兆ドル。2009年にオバマ政権が実施した経済対策は8000億ドルなので、ドナルド・トランプ大統領はこんな形でも「俺の方がオバマより上!」を実現したことになる。

それから、前回にご指摘した米連銀バランスシートのグラフも、最新の数値をご確認願いたい 。「無制限の量的緩和」の結果、グラフの右端が「ピーン」ととんがっている。3月30日時点で史上最大の5兆8116億ドルで、QE3(量的緩和第3弾)のときの水準を大きく上回った。加えて4月9日には、民間企業への資金供給を可能とする2兆3000億ドルを用意したという。

今後予想されるアメリカ経済のシナリオとは?

こんな非常時を迎えたアメリカ経済は、これからどうなるのか。NYダウ工業株30種平均は今年2月には史上最高値で3万ドル台に接近したが、このコロナ危機で3月下旬には1万8000ドル近辺まで下げた。それが直近では「すでに感染はピークを過ぎた」との安心感が広がり、2万3000ドル台まで戻している。

ちなみに2016年11月9日、トランプ氏が当選した翌日のNYダウ平均は1万8589ドルであった。株価が2番底をつけてこの水準を割り込むことは、トランプ大統領としては容認しがたい事態であるに違いない。このことは覚えておいて損はないだろう。

それでは、これから先のアメリカ経済と株式市場をどう見るべきか。かかる不透明性の時代の個人投資家は、いろんな可能性に備えて頭の中の整理をしておきたい。以下はちょっとしたイメージトレーニングである。

次ページ4つのシナリオで可能性の高いのはどれだ?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT