「コロナ恐慌」後、アメリカを待つ4つのシナリオ

「ニューアブノーマル」時代がやって来るのか

GDP、雇用、株価など、あらゆる経済指標が低水準で落ち着いてしまう。これを「ニューノーマル」と呼ぶか、あるいは「ニューアブノーマル」と呼ぶべきか。こんな時代のアメリカを率いることになるのは、民主党のジョー・バイデン大統領となるだろう。ただ高齢であることと、中国に対して強く出られなさそうな点がちょっと心配である。

ひとつだけ朗報は、低成長化によってCO2の排出量が減り、気候変動問題が改善に向かうことだ。ことによると人類は、感染症という形で地球から報復を受けたのだろうか?

W型シナリオでは、「2つのアメリカ」に?

4)W字型シナリオ

夏頃まではV字型回復を思わせる展開となるが、油断したところでコロナウイルスの逆襲を受けてしまう。やはり、なまやさしい敵ではなかった。人間がこれまでの生活パターンを変えない限り、景気は二番底、三番底をうかがうこととなる。AC(アフター・コロナ)の世界は、BC(ビフォー・コロナ)のようにはいかないのだ。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

何よりアメリカは国が広い。当初、感染が広がったのはニューヨークやカリフォルニアのように、民主党が強いブルーステーツであった。逆に共和党が強いレッドステーツは総じて人口密度が低く、今も外出禁止令を出していない州がいくつかある。

都会に住む民主党支持者は悲観的であり、トランプ大統領に不信感を持ち、メインストリームのメディアを信用している。そして「ソーシャル・ディスタンス」を守っている。逆に、地方に住む共和党支持者は楽観的で、トランプ大統領を信じてマスコミを信じない。コロナウイルスについても、まだどこかタカをくくっている。コロナに対してまで、まるで2種類のアメリカ人が共存しているようなものなのだ。

以上、4つのシナリオを挙げてみたが、全部ありそうに思えてしまうから困ったものである。つくづく今のような状況においては、ひとつのシナリオに決め打ちすることができない。将来へのイメージを膨らませ、情勢の変化に応じて臨機応変に修正していきたいものだ。そして何より、読者諸兄のご健勝とご自愛を祈る次第である(本編はここで終了です。次ページは競馬好きの筆者が週末の競馬を予想するコーナーです。あらかじめご了承ください)。

次ページいよいよ桜花賞。牝馬クラシック最初の勝ち馬は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT