「武士」という存在に罪を感じた男の生き様

「流人道中記」を書いた浅田次郎氏に聞く

浅田次郎(あさだ じろう)/1951年生まれ。1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞を受賞。以後、『鉄道員』で直木賞、『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、『お腹召しませ』で中央公論文芸賞・司馬遼太郎賞、『中原の虹』で吉川英治文学賞、『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で大佛次郎賞などをそれぞれ受賞。(撮影:尾形文繁)
万延元年(1860年)、不義密通の破廉恥罪で、蝦夷松前藩へ流罪判決が下った将軍家近侍の旗本・青山玄蕃(げんば)、35歳。その押送人(おうそうにん)を押し付けられたのが、武士の最底辺・足軽次男から見習与力となった石川乙次郎、19歳。さながら凸凹名コンビのお笑い珍道中で始まる物語は、奥州街道を北上し終点の津軽海峡へ近づくにつれ、一気に重いテーマへと入っていく。『流人道中記』を書いた作家の浅田次郎氏に聞いた。

あだ討ちは「家の存続」のためだった

──絶妙な間合いで茶々を入れる玄蕃に、終始振り回される乙次郎。流人(るにん)と押送人なのに誰が見ても主人と家来。宿所選びでケンカし、酒を飲む飲まないでケンカし(笑)。乙次郎の妹などまるで現代のJK。途上出会う、親の敵探しに7年旅する武士は「今どきあだ討ち⁉ バカバカしい」と内心思ってる。登場人物それぞれの息づかいまで聞こえてきそうな描写が新鮮でした。

あの時代、あだ討ちの正体は親の遺恨を晴らす名目に事寄せた、家の存続だった。武士である限り俸禄は個人にではなく、家に支払われる。武士にとって家を守ることこそ一大事。家を継げない次男坊以下は、乙次郎のようにいい婿入り先に拾われるべく、必死で勉学や剣術に励む。あぶれようものなら冷や飯食いのまま野たれ死ぬ。

──道中、宿場宿場で抜き差しならない事情を抱えた人々と出会い、事件に巻き込まれ、というか、玄蕃たちのほうから首を突っ込んでいきます(笑)。その中に1つ、読後モヤモヤが残るエピソードがありました。玄蕃があだ討ちの見届け人を買って出る話で、意図せず罪を犯し投獄されたでっちの命を犠牲にし、結果的に武士2人を救う場面。実はヒューマニストであった玄蕃でも、少年の命より、武士にあだ討ちの愚を悟らせるほうを選んだということですか。

善人を装った強盗を店に導き入れ、結果的に主殺しに加担してしまったのは、知らなかったじゃ済まない大罪中の大罪。少年の命を救えないことを玄蕃は知っていた。でも、見捨てていいのかと彼は考えたんだね。そもそもあだ討ちと少年の処罰とは無関係。だけど、自分の死で他人を救うことを善行として少年の魂を往生させたい、と玄蕃は考えたんじゃないか。

次ページ玄蕃の言う武士の良心とは
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。