ホンダが2輪で挑む部品調達の大改革

ホンダが2輪で挑む部品調達の大改革

コードネームは「C8G3」。ホンダの部品調達で今、歴史的な大改革が始まっている。

Cはコミューターを指す。2輪車で世界首位のホンダは年間1500万台の2輪車を生産するが、その中心は通勤・通学に使う排気量100~125ccのコミューター。その8割の部品を、グローバルで、3社程度の部品メーカーから調達する形に切り替えるのが「C8G3」である。

3社というのがミソだ。たとえば10社だと各部品メーカーが作るのは150万台分ずつで、規模の効果は知れている。だが3社なら500万台ずつとなり量産効果が大きい。

さらに調達先3社は中国、インド、東南アジアというように、必ず地域を振り分けるという。為替変動や地政学リスクの分散が狙いだ。輸送費がかさむことを考え合わせても、2~3割程度のコストダウンは可能とホンダははじく。

部品コストに危機感 熊本発の革命宣言

「ホンダのパラダイムシフトだ」。購買部門トップである山下雅也常務はこう断言する。というのもホンダでは長年、各国で部品の現地調達率をできるだけ向上させることを信条としてきたからだ。

現地調達のメリットは輸送費を抑制し、輸送工期を短くして部品在庫を削減できることにある。新興国の場合は製造コストも圧倒的に安い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。