ホンダが2輪で挑む部品調達の大改革

「C8G3」を突き詰めると、日本をはじめ先進国から部品メーカーの製造拠点が流出するのではという懸念も当然ながら湧く。ただ「そこにこだわって競争を回避すると、米ビッグスリーではないが衰退していくことになる」(山下常務)。

山下常務の頭をよぎるのは、1980年代の貿易摩擦問題だ。米国で4輪車生産を始めたとき、米国製部品を使えと強い圧力を受けた。ホンダは「QCD(品質、コスト、納期)がよければ日本製か米国製かは関係ない」と反発した経緯がある。「いいものを安くお客さんに届けるのがホンダの事業目的。(過去の米国と)同じことはできない。インドから買えば安いのに、日本の雇用を守るために日本製しか買わないとは言えない」。同時に今回の改革をきっかけに日系部品メーカーが奮起し、革新を呼び込むはずだと信じてもいる。

自動車危機にあって底堅く売れる2輪車は、ホンダが黒字を堅持する救世主となった。今後はC8G3の適用車がモデルチェンジを機に次々と市場投入されていく。1台当たりの収益が高まることで、収益面でもさらに貢献することになる。

二番底懸念が強まる世界経済。猛烈な円高。輸出産業への逆風はますます強まる。ホンダは将来的にC8G3の方式を4輪車にも応用したい考えだ。スズキと独フォルクスワーゲンのように国際提携の動きも起きる中、ホンダは内に秘める可能性をまだ強く信じている。

■業績予想、会社概要はこちら

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。