知らないと恥をかく世界の大問題 池上彰著

知らないと恥をかく世界の大問題 池上彰著

昨年秋の世界危機から1年余りがたった現在、世界を取り巻く政治と経済をジャーナリストである著者が俯瞰した。同時に、アメリカの一極集中が弱まるなかでの今後の世界情勢を占っている。

たとえば、マネーの流れ。これまでアメリカに流れていたマネーは、中東、中国、あるいはインドへとその流れを変えている。中東には原油という豊富な資源があり、中国は急速な経済発展に任せ、世界の工場から世界の市場へと変貌しつつある。インドはITを武器に躍進する。

それぞれの国の思惑が複雑に絡み合うなか、日本は世界とどう対峙していくのか。あるいは、政権交代によって何が変わるのかなど、国内の問題もフォローしている。

角川SSC新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。