「間違って入っちゃった」会社の楽しみ方

希望の部署は?→特にありません:ある新入社員のケース

「データ入力、大儀であった」「ははっ、恐悦至極!」

Tさんはとにかく退屈が大嫌い。地味な仕事を無理やりにエンターテインメント化する力業がすごかった。

たとえば、突然「今日はミュージカルモードな」と言い出す。このモードが発令されたら、業務上の連絡もいちいち即興のメロディをつけて、ミュージカル風に伝えなければいけない。

  「このテロップは~、間違ってはいませんか~♪」
  「今週は~、特番だからそれでいいのです~♪」

といった具合に。

時代劇モードが発令されたら、

  「データ入力、大儀であった」
  「ははっ、恐悦至極に存じます!」

とか言いながら仕事をする羽目になる。初めは戸惑ったが、僕もだんだん楽しくなってきて、「なるほど、本当にディズニーランドだ」と納得するようになっていった。

念のため言っておくが、緩い職場でただふざけていたのではない。その職場の仕事は確かに地味で単調ではあったが、小さなミスが放送事故に直結してしまうという極めて責任の重いものだった。時折、非日常的なモードが導入されることで、集中力を維持し、また上下関係にとらわれずに相手がミスしそうな部分にツッコミを入れることもできた。そして何よりも、毎朝起きて会社に行くのが楽しみだった。

Tさんから学んだのは、「どんなにつまらない仕事でも、やり方次第で楽しくやれる」という思想、そしてそんな雰囲気を作ることができるリーダーの重要性だ。

組織の中では、必ずしも希望どおりの部署に行けるとは限らないし、やりたい仕事ができるとも限らない。僕自身も本当にやりたい番組を作れるようになるまでに10年近くかかった。しかし、Tさんのおかげでどの職場でもつねにそれなりの楽しみ方を見つけながら仕事することができた。番組のプロデューサーとしてチームを率いる立場となった現在、僕も彼のようなリーダーでありたいと思っている。

うん、明日は久しぶりに時代劇モードでも発令してみよう。

構成:宮崎智之

「週刊東洋経済」2014/3/22号(ビジネスマンのための最強のホテル)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT