直感型の天才が打算と地味な努力にこだわる訳 起業家4人が本音で語る「日本のサードドア」

印刷
A
A

ただ、それまでは中華料理店でバイトする普通の大学生でしたし、これは普通ならとても手に入らないような大変な金額です。「世界を変える技術やアイデアなんて自分にはないし……」というところからのスタートでした。

そこでまずは友達を通じて技術のある人を探しました。チームメンバーが必要だと。そのときに出会ったのが今の共同創業者でもあります。

「未踏」への応募書類ひとつとっても、自分たちでは良し悪しが判断できませんから、過去に「未踏」に受かった人にお話を伺ったり、書類を見ていただいてフィードバックをお願いしたり、面接指導をしていただいたり、本当に毎日試行錯誤しました。

近藤:そして「未踏」の助成金を得て、1社目はミクシィに売却されましたね。どういった経緯で?

平野: 私たちの事業はSNS向けのAIでしたので、ミクシィに使ってもらえたらいいなと思っていたのですが、当時は学生ですし、つてもありません。そんなとき、ミクシィ現会長の笠原健治さんが、たまたま大学に講演にいらっしゃったのです。

「これだ!」と思い、講演が終わってお帰りになる笠原さんに「ちょっと待ってくださーい!」とお声がけして駆け寄って、「御社との協業提案」などと題した提案書をお渡ししました。

そんな経験から、『サードドア』の中で、アレックスが成功者を追いかける数々のくだりを読んで、懐かしく思いました。私もアレックスと同じく、真正面から挑んでも入れない、裏道を探して入るしかないと思っていましたから。

日本にも助けが必要な若者が大勢いる

近藤:ありがとうございます。「ペイミー」の後藤さんは、給与即日払いという金融ど真ん中のサービスを手がけておられますが、ご自身もご両親も、金融業界の出身ではありませんよね。最初から金融を目指しておられたのですか?

後藤道輝(ごとう みちてる)/ペイミー代表取締役。慶應義塾大学卒業。East Ventures、メルカリ、CAMPFIREを経て、ディー・エヌ・エーに中途入社。DeNA戦略投資推進室での勤務を経て、2017年7月にペイミーを設立。Forbes JAPAN「30 UNDER 30 JAPAN 2019」のエンタープライズ・ビジネス部門を受賞(撮影:尾形文繁)

後藤道輝(以下、後藤):いえ、最初は医者か消防士か弁護士になろうと考えていました。

『サードドア』の主人公アレックスは、両親から医者になれと言われて育ちますが、私は両親が消防士と看護師だったので、その背中を見て、人助けができる人間になりたいと思っていました。

私は語学が得意だったので、大学では開発経済を専攻し、ボランティアとして東南アジアへ研修に行きました。

そのときに「カンボジアで井戸を1つ掘るより、2000億円をファイナンスしてダムをつくる事業をするほうが、持続可能性の高い人助けができるのではないか」と考え、投資家を目指すようになったのです。

次ページ業界に革命を起こすためにしたこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT