「テセウスの船」子役の怪演に人々が熱中する訳

大人顔負けの子どもがテレビドラマを光らせる

なかには「同情するなら金をくれ」を流行語にした安達祐実(「家なき子」)、天才子役と爆発的人気を呼んだ芦田愛菜(「マルモのおきて」)など主役として堂々と全編やりきる子役もいる。最近では、米津玄師プロデュースの「パプリカ」を歌う5人のキッズユニット・Foorinも大活躍している。

みきお役の柴崎楓雅は2008年生まれの11歳(4月で12歳)で、デビューは2018年。ここまで大きな役は「テセウスの船」がはじめてながら、この後、映画出演などが控え、さらにこれから引っ張りだこになるだろう。

昨今の子役ブームのひねり技

「テセウスの船」のみきおが強烈な印象を残した理由にはもうひとつ考えられる。昨今の子役ブームのひねり技であったことである。昨今の子役ブームは、前述したように、いたいけで純粋な、天使のような善良さが好まれている。そういう役割を子役たちが、大人顔負けの演技で全うし、視聴者を感動させるのである。だが、「テセウスの船」のみきおは、大人顔負けの演技で、悪魔の顔を演じ、不意をついてきた。

現実の世界でも少年犯罪はある。昭和〜令和にかけてどこかで爆発的に増えたとか減ったとかいうデータは見受けられないようだが、時代、時代でエポックメーキングな事件が起こる。たとえば、沢木耕太郎が大宅壮一ノンフィクション賞をとった『テロルの決算』でも書かれた、1960年の浅沼稲次郎暗殺事件。17歳の右翼少年が、演説会場で社会党委員長浅沼を刺殺した事件。大江健三郎は山口をモデルにしたとされる「セヴンティーン」という小説を書いている。

また、1997年の神戸連続児童殺人事件(「酒鬼薔薇事件」)。猟奇的な殺人を犯した14歳の少年が自らを“透明な存在”と表す文学性にも注目が集まり、彼の生活や嗜好などから犯行の要因が様々に考察された。2015年には手記「絶歌」が発売され物議を醸し、犯人の全容は未だ解明されていない。

次ページ少年犯罪が時折、題材になることも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT