「生活保護」で俳優を目指す46歳男性の葛藤

なぜそこまで「母に認められたい」と思うのか

理容師としてのキャリアは約30年。手荒れによってボロボロになった掌は、ヒロアキさんの根性が並大抵ではないことの証しでもある(筆者撮影)  
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。
今回紹介するのは「理容師のアルバイトをしながら芸能活動をしていますが、先が見えなくて困っています」と編集部にメールをくれた、46歳の男性だ。

理容師として働くかたわら、芸能活動

「母から認められたい」

取材中、ヒロアキさん(仮名、46歳)は何度もそう繰り返した。理容師として働くかたわら、芸能活動をしている。昨年、独立して店を持ったが、客足が伸びずに閉店。700万円以上の借金が残った。ここ半年ほど、生活保護を利用しており、理容師の仕事はほとんどしていない。近く自己破産するつもりだという。

この連載の一覧はこちら

ヒロアキさんの掌は、指先や指の付け根が鏡餅のようにひび割れている。傷が深いところでは、赤い肉がのぞいているところもある。パーマやカラーなどの薬剤による手荒れだという。事実上の休業状態にもかわらず、この状態ということは、本格的にはさみを握っていたころはさぞ大変だったのではないか。

「働き始めた当時は、とくにひどかったです。水疱ができて、それが破れてはさみを持つ手がぬるぬるになりました。痛くてかゆくて……。(かきむしらないように)夜は手首を縛って寝てました。まるで拷問でしたよ」

薬剤が合わなくて理容師や美容師の夢を諦める人は少なくない。体質ばかりは努力や能力ではいかんともしがたいからだ。ヒロアキさんはなぜそうまでして理容師になったのか。きっかけは高校受験に失敗したとき、母親から「手に職を付けなさい」と、理容師になることを勧められたからだという。痛みに耐えながら仕事を続けた理由はただ1つ。

「母に認められたかったから」

次ページ雇われ理容師としては成功した
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。