誰でもできるけど普通やらない「成功の3原則」

自分の物語を追体験させる聖書とサードドア

即効性のあるビジネス書と違い、聖書も『サードドア』も過去の追体験ができるという共通点があります(写真:bee/PIXTA)
12万部突破のベストセラーとなった、アレックス・バナヤン著『サードドア:精神的資産のふやし方』。
「アレックスの行動には、僕のまわりの成功者の姿が思い浮かびます」と語るヤフー株式会社マーケティング本部長の井上大輔氏。本書の「エモさ」の中の「学び」について語った「聞き上手の『エモいオヤジ』が若者にモテる理由」に続き、成功者の行動に関する学びを解説していただく。

直接的な解より、解釈の幅を広げる力

ビジネス書からは即効性のある学びを得たい、と思う人も多いかもしれません。即効性でいうと「アドバイス」に分がありますが、学びの深さと定着度でいうと、やっぱり「過去の追体験」なのだと思います。そういう体験は、「普遍性のある物語」から得られるのだと思います。

話題のベストセラー『サードドア:精神的資産のふやし方』の特設サイトはこちら(画像をクリックするとジャンプします)

聖書がまさにそうですよね。聖書には、具体的なアドバイスはあまり多くありません。サマリア人が憎き敵であるはずのガリラヤ人を全身全霊で助けた、というような物語がたくさん登場します。

まずその物語に共感することで、自分の心、自分の過去への扉が開かれる。そして、似たような体験を「追体験」し、そこから学びを得られる。大嫌いな人を助ける、なんてことも実は自分はできるんだな、あのときはこういう気持ちになったな、みたいに。

これがもし、「困っている人がいたら敵国の人でも全力で助けよ。されば幸せになれる」といった直接的なアドバイスだったとしたらどうでしょうか。今は「敵国」の人と相まみえる機会もないから全然実践的ではないですし、そもそもまったく腹に落ちてこない。

次ページ『サードドア』は、現代の聖書?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。