会社員が「戦略を考える力」を身につける超基本

「マーケティング思考」とはいったい何か?

ビジネスの現場で触れる機会が多い「マーケティング」という言葉、そもそも何を示しているのでしょうか?(写真:metamorworks/PIXTA)

ビジネスパーソンであれば、「マーケティング」という言葉に触れる機会は多いはずです。例えば、仕事においては、次のような状況でマーケティングが必要とされるのではないかと思います。

・マーケティング戦略を考える
・マーケティング調査をする
・マーケティング予算を決める

事業立ち上げや事業計画を作るときに、マーケティングという観点は無視することはできません。このようにビジネスの現場で出会うことが多い「マーケティング」という言葉です。そもそもマーケティングが重要であることはわかっているけれど、そもそも何を示しているのでしょうか? よくわかっていない人も多いと思います。

そこで今回は、拙著『マーケティング思考力トレーニング』の中から、マーケティング思考力を身につけるために、知っておきたいことをいくつかご紹介したいと思います。

マーケティングミックス、4つの「P」

まずは、「マーケティングミックス 4P」と呼ばれる代表的なフレームワークをもとに、「マーケティングとは何か?」について、考えていきたいと思います。

この4つの要素を組み合わせて、適切に価値を届ける構造を作ることが、マーケティングを考えるうえで重要です。

次ページマーケティングとはいったい何か
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。