コロナショック「日本株大暴落」を覚悟する理由

アテにしていた五輪がなくなるのは相当マズい

世界の株価を示す電光ボード。3月2日のニューヨーク株式市場でダウ平均株価が大きく値上がりしたのを受けて3日は軒並み値上がりしたが……(写真:時事通信社)

全国的に外出の自粛ムードが広まることでいよいよコロナショックが実体経済を悪化させ始めました。今回の記事では乱高下する株式市場の今後の下落についてどこまでの覚悟が必要なのかを書きたいと思います。

私は投資家であると同時に経済の未来予測の専門家ですが、未来予測のテクニックとして重視していることのひとつが「ふとした奇妙な現象に気づく」ことです。先週末(2月29日)から今日(3月3日)にかけて4つの異変に気づきました。そこから話をしましょう。

1つめの異変はヤフオクくじに当たったことです。「なんだ?自慢か?」と思うかもしれませんが、ちょっと不可解なのです。

ヤフオクくじは定期的にヤフオクが行っているキャンペーンで、1日1回くじを引いて当たりが出るとその日の落札金額から一定額のPayPay(ペイペイ)が還元してもらえるというものです。私もちょくちょく引いているのですが、普段は当たっても3%とか1%の還元で、くじに外れることも多いという感じでした。10%が当たると結構うれしい。それが普通の状況です。

ところが先週末、くじを引いたら50%還元が当たったのです。初めてのことでした。それで自慢したところ家族もくじを引いたら30%還元が当たりました。ちょっとおかしいと思い翌日もくじを引いたところ私は20%、家族は2日連続で30%還元を当てたのです。

ヤフオクにとってテコ入れが必要な状況?

プロのアナリストの視点で申し上げると、この当選率は統計学的には有意に高い。さらにキャンペーンの裏側を知っているコンサルタントの視点で解説すると、くじを引いている人が少ないから当選率が上がったか、最初から大幅に当たりを増量したかに違いありません。これはどちらにしても「ヤフオクにとってはテコ入れが必要な状況」になっている可能性を示唆します。

2つめの異変ですが、予約が本当に取れないミシュランの三ツ星レストランがあります。2カ月先までしか予約を取らず、予約開始直後に予約は完売。キャンセルが出たら登録している会員にメール連絡が入るのですが即座に申し込んでももう埋まってしまっている。そんなお店です。

次ページオンライン予約が取れる日があった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT