給食中止「食うに困る子」143万人の切実な事情

ある子ども食堂の「覚悟」と政府の「無策」

保育園児から大人までが集まり食卓を囲む「まいにち子ども食堂高島平」(東京都板橋区、記者撮影)

安倍晋三首相が打ち出した方針に沿った政府の要請を受けて、3月2日から小中学校や高校が休校に入った。休校に伴い給食も中止になっている。

貧困家庭の子どもにとってはピンチだ。普段は給食費を免除されているが、給食がなくなれば、昼食代を自分で負担しなければならない。その数は全国の小中学生合わせて143万人にのぼる。

「このままでは子どもが飢えてしまう」。東京都板橋区のNPOが運営する「まいにち子ども食堂高島平」は、休校の間も食堂を開くと決めた。感染防止を考えて苦渋したが、子どもから「やめられたらご飯を食べるところがない」と背中を押された。

だが、こうした「子ども食堂」はまれだ。多くは休校に歩調を合わせる。政府は何か具体策を考えているのだろうか。

「冷蔵庫は満タンに」

東京都板橋区のILDKのアパートの1室に「まいにち子ども食堂高島平」はある。板橋区では3月2日の午後から、小中学校が休校に。子どもたちは早速子ども食堂に立ち寄って、寄付されたケーキに手を伸ばしていた。

運営にあたる「NPO法人ワンダフルキッズ」理事長の六郷伸司さん(55歳)は、子どもたちを見遣りながら言った。

「明日から本格的に忙しくなりそうだから、とりあえず冷蔵庫は満タンにしておいたよ」

次ページ子どもの7人に1人が貧困家庭
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。