入試直前の受験生「準備も感染も」強すぎる不安

学年末試験の中止などで高校1、2年生も動揺

受験会場に入る学生(※写真はセンター試験時の写真です)(写真:アフロ)

「2月28日に夫が出張先の横須賀から帰ってきたのですが、玄関先で2メートル離れたところから全身に除菌スプレーを噴射していました。できることなら空港で14日隔離してほしいくらいです」

長女(15歳)の高校入試を3月10日に控える福岡市の通訳者の裕子さん(仮名、50歳)は、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に気が気ではない。

 通訳という職業柄、外国人と接する機会が多い裕子さんは「自分が感染して、娘に迷惑をかけたらどうしよう」と、1月から手洗い、うがいなど対策を徹底していた。だが、自分ではなく夫が2月22日に40度近い高熱を出した。インフルエンザの検査は陰性で自宅で療養することになったが、熱は3日間続いた。

「夫がトイレや水分補給でリビングまで出てきて、自室に戻った後は、彼が触ったと思われる場所を除菌スプレーやアルコールで消毒して回りました。夫は26日に熱が下がり、27日から出張に出たのですが、私は寝具に100回くらい除菌スプレーをまきました。枕カバー、ベッドカバーなどは洗濯、干した後もスプレーをかけました。これほどまで神経質になったのは初めてです」(裕子さん)

学校の休校よりも塾の閉鎖のほうが困る

そんな裕子さんに追い打ちをかけるように、政府は全国の小中高に一斉休校を要請した。学校からも28日に3月2日から休校に入るとの通知が来た。だが、裕子さんは「私も娘も、学校の休み自体はそんなに動揺していません」と話す。学校も入試対策期間に入っているが、裕子さんの娘の心の拠り所は塾だからだ。

通っている塾からは、3月1日までは通常運営し、その後のことは追って決定すると連絡があった。裕子さんは、「今いちばん頼りにしているのは、塾の数学と英語の先生。学校が休みになっても塾の自習室がありますが、塾が閉鎖されたときのことを考えると、恐ろしいです」と話した。

新型コロナウイルスの拡大期と入試が重なり、受験生やその家族、教育関係者は対応に追われている。中学入試が行われた2月初旬にかけても、感染は水面下では広がっていたはずだが、実際の生活にはほとんど制限や影響はなかった。

次ページ入試実施中の感染リスクも
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT