新型肺炎が大きく変える「就活・採用の在り方」

企業説明会の中止で「WEB面接」が急速に拡大

一方の動画面接は、やはり地方や海外留学をしている就活生向けに取り入れられた。

SkypeやZoomを使ってリアルタイム面談をするケースが多いが、就活生に自己PR動画を作成してもらい、それを判断の材料として活用する企業もある。面接の模様を録画して評価判定時の参考にしたり、就活生には評判はよくないが、AIによる判定を取り入れたりする企業もある。

この新型コロナウイルスの問題を機に、この2つの手法が一気に広まっている。例えば、ネット広告代理大手のセプテーニは、すべての選考会や役員面接、人事面談をWEB開催に切り替えると発表。人材サービス大手のエン・ジャパンも自社の採用については、WEBで行うと公表している。

また、WEB面接サービスを展開する企業の中には、サービスを無料開放する動きも出ている。

リアル封じられ就活生は不安に

それでもリアルでの就活が封じられた学生にとっては、感染リスクは避けられるものの、就活における不安が増幅することになるだろう。

なぜなら、会社に赴いたり、実際に社員と会うことで就職先の雰囲気がつかめることが少なくないが、その機会が失われるからだ。また、就活生にしてみれば、エントリーシートや動画越しの印象だけで採否を判断されてしまうのは不本意だろう。

候補者が絞り込まれる選考の終盤では、会社での面接を開催するケースが増えると思われるが、社員に感染者を出した企業については、そうしたリアルな面接の機会すら限定される可能性がある。

また、就活ナビだけに頼った検索だけでは、本当に自分に合った企業を探すのは簡単ではない。現在は就活生に有利な売り手市場で、「逆求人」など企業からアプローチする採用が増えているが、自ら動かなければ、選択肢はアプローチしてきた企業だけになってしまう可能性もある。

そのため、これまで以上に、自ら企業を見つける努力をする必要があり、「企業からの連絡をチェックし、つねに動ける態勢を整えるのが重要」(谷出氏)になってくる。

今年の就活生は、新型コロナウイルスの終息が見通せない現状では、いずれしてもこれまでにない形の就活を強いられることになるだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。