三菱UFJの1兆円増資が告げる国際新規制の“来襲”

三菱UFJの1兆円増資が告げる国際新規制の“来襲”

三菱UFJフィナンシャル・グループが、巨額の資本調達で口火を切った。11月末にも内外で募集を始め、年内払い込みを見込む。発行予定額の上限1兆円の普通株公募は、日本企業で史上最大の規模だ。

今回の増資の理由を、畔柳信雄社長は18日の会見で「新しいグローバルな規制や競争環境の変化も考慮し、内外の金融仲介の機能をしっかりと果たしていくため」と説明した。実際、国際的な規制強化を見据え、グローバル金融機関の間で熾烈な資本増強レースが繰り広げられている。

金融危機で規制強化

国際基準であるBIS自己資本比率規制の現行ルールは、リスクアセット(リスクを加味した資産)に対し、最低8%以上の自己資本を要求しているだけ。だが金融危機を受けて、グローバル展開する金融機関には、資本の質・量とも、格段に高い水準を要求する新規制が導入される。

英FSA(金融庁)のターナー会長が今年3月に発表したレビューでは、中核的自己資本であるTier�の比率を8%以上、うち損失吸収力に問題のない普通株と内部留保で構成されるコアTier�で4%以上、プロシクリカリティ(景気循環増幅効果)を抑えるために、好況時には追加的な資本を2~3%積んでおく、との目標が示されていた。ちなみにターナー会長はその後、ルールを決めるFSB(金融安定化理事会)で主導的な役割を果たしている。

特に資本の「質」の議論は日本の3メガバンクグループとって相当つらい。なぜなら10年前の不良債権処理の穴埋め原資の多くを、普通株ではなく優先出資証券や優先株で調達してきたからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。