三菱UFJの1兆円増資が告げる国際新規制の“来襲”

三菱UFJの1兆円増資が告げる国際新規制の“来襲”

三菱UFJフィナンシャル・グループが、巨額の資本調達で口火を切った。11月末にも内外で募集を始め、年内払い込みを見込む。発行予定額の上限1兆円の普通株公募は、日本企業で史上最大の規模だ。

今回の増資の理由を、畔柳信雄社長は18日の会見で「新しいグローバルな規制や競争環境の変化も考慮し、内外の金融仲介の機能をしっかりと果たしていくため」と説明した。実際、国際的な規制強化を見据え、グローバル金融機関の間で熾烈な資本増強レースが繰り広げられている。

金融危機で規制強化

国際基準であるBIS自己資本比率規制の現行ルールは、リスクアセット(リスクを加味した資産)に対し、最低8%以上の自己資本を要求しているだけ。だが金融危機を受けて、グローバル展開する金融機関には、資本の質・量とも、格段に高い水準を要求する新規制が導入される。

英FSA(金融庁)のターナー会長が今年3月に発表したレビューでは、中核的自己資本であるTier�の比率を8%以上、うち損失吸収力に問題のない普通株と内部留保で構成されるコアTier�で4%以上、プロシクリカリティ(景気循環増幅効果)を抑えるために、好況時には追加的な資本を2~3%積んでおく、との目標が示されていた。ちなみにターナー会長はその後、ルールを決めるFSB(金融安定化理事会)で主導的な役割を果たしている。

特に資本の「質」の議論は日本の3メガバンクグループとって相当つらい。なぜなら10年前の不良債権処理の穴埋め原資の多くを、普通株ではなく優先出資証券や優先株で調達してきたからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT