三菱UFJの1兆円増資が告げる国際新規制の“来襲”


 三菱UFJは2割近い希薄化を招く増資について「世界の優良行に伍していけるレベルを想定している」(畔柳社長)としたが、明確な成長戦略を示せなかった。その難しさは後に続くメガも同じ。一方で、リスクアセットの削減により自己資本比率を押し上げようとすれば、国内から貸し渋り批判が出る。

迫る新規制に対応できなければ、国内銀行になるほかない。しかも欧米の大手金融機関は、先取りして資本の質・量を押し上げており、国際取引での競争は、すでに「新しい土台」(三菱UFJ畔柳社長)に移ってしまった。

■業績予想、会社概要はこちら

(大崎明子 撮影:風間仁一郎 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。