飲食店「店員同士の恋愛」が時に危険招く理由

準備不足の出店やひとりよがりも失敗要因

独身者同士の健全な関係なら何の問題もないが……(写真:Fast&Slow/PIXTA)
競争の激しい飲食業界では、この点に注意しないとすぐ潰れてしまう! というポイントがいくつもある。そうした要注意箇所のいくつかを『飲食業界 成功する店 失敗する店』の著者で、これまで200店舗以上の飲食店の出店・経営改善をサポートしてきた重野和稔氏が解説する。

昨年10月の消費税増税以降、飲食業界ではそこかしこで怨嗟の声が上がっている。持ち帰りなら消費税率8%なのに、店内で飲食した場合には同10%と、店内飲食のほうが2%高い税率がかかるということで、飲食店を利用する人が減っている、というのだ。

一方で、そもそも新規出店のうち8割は5年以内に退店を迫られるという、シビアな事業環境におかれているのが飲食業界だ。逆に言えば、強い店舗はしっかり対策して生き残っていくに違いない。具体的には、いわゆる「中食(なかしょく)」、つまり店舗で買って持ち帰り、家庭で食べるような飲食スタイルへの柔軟な対応や、税率の差を意識させないほどのインパクトあるサービスの拡充などである。

そうしたフレキシブルな対応が取れなかったり、失敗の要因を組織内に抱え込んだままだったりする飲食店は、本当に容易に潰れてしまう。どんな弱点を持っているお店が潰れやすいのかを、いくつか実例を挙げて紹介してみよう。

出店前の事前準備が足りない店は危ない

特に危険なのは、出店にあたっての店舗コンセプトの作り込みや、市場の調査といった事前準備が足りていない店だ。

恥ずかしながら私自身の過去の失敗例を紹介すると、代官山のおしゃれすぎる駅前に出店した、3店目の直営店の例がある。

直営店1店目、2店目の出店に成功し、後から思えば「調子に乗っていた」私は、この店では過去の2店では綿密に作り込んでいた店舗コンセプトを、曖昧な状態のまま出店してしまった。

具体的には、1店目は「日本酒と塩の隠れ家居酒屋」、2店目は「味噌と黒糖焼酎の居酒屋」と、事前のコンセプト設定がはっきりしていたのに対し、3店目は「これまでの直営店を集大成した大型店」というもの。

料理メニューにはこだわり、看板料理なども新規開発していたものの、全体のコンセプトがいまいちよくわからなかったため、お客の反応はよくなかった。

次ページ「駅近だから客が入るだろう」と完全に見込み違い
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。