環境に配慮したら「肉よりも昆虫食」がいい理由

30年後、世界人口は95億人を超える可能性も

危惧される食糧難に備え、すでに名だたる企業が昆虫食に参入の意思を表明しています(写真:つのだよしお/AFLO)

ページを閉じそうになったそこのアナタ。子どもの頃にテレビ番組で見かけたソレとはひと味違いますよ。

昆虫食って実は究極のエコロジー、サステイナブルフードだったんです。

昆虫食、もうムシできない時代なので

国内では深刻な少子化や労働人口の減少が叫ばれて久しい昨今。しかしながら、地球上では人口爆発の危機が迫っていることをご存じだろうか? 1950年の時点で25億人だった地球上の人口は、現在77億人、2050年には95億人以上に達するとみられている。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

今まで発展途上にあったアジアやアフリカ諸国の目覚ましい経済発展によるところが大きいのだが、皮肉なことに彼らが飢餓と困窮から抜け出すことで地球上の食糧生産が追いつかず、深刻な食糧難をも引き起こしつつある。

特に問題視されているのが“食肉”だ。家畜の飼育、特に牛は莫大な餌の生産を必要とするだけでなく、飼育中も反芻行為によって大量のメタンガスが発生する。また出荷後の輸送に伴う排気ガスの排出など、一連の過程すべてが温室効果をもたらし環境破壊の一因となっているのだ。

国連食糧農業機関によれば、地球上の温室効果ガス排出量の18パーセントは畜産によるものであると発表しており、途上国のさらなる発展によって今後もその値は増加していくと予想される。われわれも毎日のように肉を食べることはそろそろ止めるタイミングかもしれない。

そこで2020年、オーシャンズは昆虫食を提案する。タンパク質やカルシウムが豊富で生産も簡単、収穫までの日数も早い。天然の個体数も非常に多く、そうそう絶滅が危惧されることもない。つまり環境への負荷が非常に小さいのである。以上の理由も手伝ってか、名だたる企業が昆虫食に参入の意思を表明している。

環境への負荷が小さく、タンパク質やカルシウムが豊富な昆虫食(写真左:StockFood/AFLO、写真右:ARISA THEPBANCHORNCHAI/Getty Images)

例えば、無印良品が今春にコオロギせんべいを発売する。徳島大学の研究をベースに量産されたコオロギをパウダー状にして練り込んだものだとか。グロテスクな見た目に抵抗がある人も、原形を残していないものであれば食べやすそうだ。粉末状のコオロギから始めて、徐々に形をとどめたものにもトライしてみよう。

次ページさあ、勇気を出してレッツ昆虫食!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT