「働いている風おじさん」の何とも難しい扱い方

働かないおじさんよりも実は厄介な存在だ

働かないおじさん以上に、企業が頭を悩ませるのが「働いている風おじさん」です(写真:【IWJ】Image Works Japan/PIXTA)

「いくらなんでも、コケにしすぎだろう」

最近、すごくそう思うことがある。いわゆる「働かないおじさん」の取り扱いに関してだ。50~60代の管理職で、高給取りなのに、会社への貢献度が低い男性社員のことを「働かないおじさん」と呼ぶ。

その一方で「妖精さん」という言葉もある。最初は意味がわからなかったが、ほぼ「働かないおじさん」と同義語だ。さらには「Windows2000おじさん」という表現も出てきている。少し前は、「年収2000万円の窓際族」を指していたようだが、最近は、老後の資金2000万円が貯まるまで窓の外を見て過ごそうとする中高年を指すそうだ。サポート期間を終えたWindows2000のパソコンと同様、「使えない」という意味も含まれているらしい。

「働かないおじさん」でも、「妖精さん」でも、「Windows2000おじさん」でも、何でもいいのだが、そんな中高年が日本社会の大きな課題になっているかというと、そうでもない。

だいたい働き方改革の時代で多くの企業が生産性アップに神経をとがらせているというのに、「働かない」ようなおじさんが、そこら中にいるわけがない。従業員が1万人いるとして、そのうち100人も、窓の外ばかり見ていたり、ふらふら歩きまわっていたりするとは、到底思えない。

中高年ベテラン社員を3種類に分類する

私はコンサルタントとして、クライアント企業の社員、とくに中高年のベテラン社員を以下の3種類に分類し分析している。

①いないと困る人(組織の生産性を上げる人)
②いなくても困らない人(組織の生産性には関係がない人)
③いないほうがいい人(組織の生産性を下げる人)

「働かないおじさん」はじめ、「妖精さん」とか「Windows2000おじさん」というのは、この中では②の「いなくても困らない人」に分類される。組織の生産性を上げることもないが、生産性を下げることもない。給与を支払っている会社からすると忸怩たる思いだろうが、外部コンサルタントにとっては「人畜無害」である。

たしかに、窓の外を見ているかもしれないし、社内外を妖精のように歩き回ったりしているだけかもしれない。しかし、それでも彼らの大半は過去の功労者だったはず。たとえ現在「いなくても困らない」という人であっても、もし余裕があるなら、もっと温かい目で見てもいいだろう。

次ページ厄介なのは「働かないおじさん」ではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT