「しにくい」「しづらい」使い分けできていますか

「日本人だからこそ」知らない日本語を解説

宮本:いつの間にか、違う使われ方をして市民権を得ている言葉もたくさんありますね。笑い方というと、間違いやすいのは「爆笑」や「失笑」でしょうか。「爆笑」は、大勢が大声でどっと笑うことを意味しますから、本来は「1人で爆笑」というのはありえません。1人の場合は「大笑いする」というのが正しいでしょう。使い方としては「彼の芸を見て、観客全員が爆笑していた」というように使います。

しかしながら、2018年に改訂された『広辞苑』の第7版では、「はじけるように大声で笑うこと」と修正されました。そう、第6版では「大勢」という人数の指定があったのですが、なくなっているのです。

アン:「爆笑」が、1人でも市民権を得たということだね!

宮本:言葉は人が使うものですから、古語を私たちが普段使いしていないように、変化していく傾向があります。ただ、本来の意味を知ったうえで使用できるようになりたいものですね。

意外と間違って使っている「失笑」

宮本:「失笑」。これも誤用が多い言葉です。多くの人が、笑いを失うほどにあきれる、という様子を思い浮かべると思います。

『教えて!宮本さん 日本人が無意識に使う日本語が不思議すぎる! 』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

これは「失う」という字からイメージしているものだと思いますが、この場合の「失」は、「うっかりする」という意味で使われます。「うっかり言ってしまう」という意味の「失言」と同じ使い方ですから、「失笑」は本来笑ってはいけない場面で我慢できずに笑いが込み上げてしまうことを意味します。

アン:「失笑」には、冷ややかな目で見るとか、軽蔑するという意味は本当はなかったんだね!

宮本:そうです。しかしながら、文化庁が毎年行っている「国語に関する世論調査」では2011年に失笑を本来の意味で使っている人が27.7%、60.4%は「笑いも出ないくらいあきれる」というような逆の意味で使っているという結果が出ました。

アン:なるほど。「失笑」も、真逆の意味で市民権を得てしまったということか! 日本語の勉強をしていると、アンちゃんは楽しくて笑いが止まらなくなるよ!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT