「しにくい」「しづらい」使い分けできていますか

「日本人だからこそ」知らない日本語を解説

(左)応用言語学者のアン・クレシーニさんが(右)元NHKアナウンサーの宮本隆治氏に、日本語は「使われ方によって移り変わっていくもの」であることを教えてもらいました(写真:草野裕司撮影)
日本語をこよなく愛するアメリカ人応用言語学者のアン・クレシーニさんが日本語の達人を指南役に、どっぷりと日本語の不思議にひたる毎日を描いたビジネス教養書『教えて!宮本さん 日本人が無意識に使う日本語が不思議すぎる!』。母国語として無意識に日本語を使う日本人だからこそ、間違って使いがちな日本語、知らない日本語がたくさんあるという。

しにくい、しづらいに使い分けがある!?

アン:言葉とは時代を経て「省エネ」へと向かうもの(参照:『外国人の疑問!なぜ「桜見」でなく「花見」なのか』)ってことはわかった。普段、大学で学生たちと接していて、「り」(了解、の意味)とか、「あたおか!」(頭おかしい、の意味)とか、若い人たちはなぜそんなに略すの?と不思議だったから、謎が解けた気分だ。言語としてそう変わっていくものだとわかってすっきりした。

宮本:正しいか、間違っているかということ以上に、「言葉は使われ方によって移り変わっていくもの」と理解することが大事だと思います。

「乾きにくい」「乾きづらい」どっちが正解? (イラスト:なとみみわ)
次ページ「借金を頼みにくい」は正解? 不正解?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT