「しにくい」「しづらい」使い分けできていますか

「日本人だからこそ」知らない日本語を解説

(左)応用言語学者のアン・クレシーニさんが(右)元NHKアナウンサーの宮本隆治氏に、日本語は「使われ方によって移り変わっていくもの」であることを教えてもらいました(写真:草野裕司撮影)
日本語をこよなく愛するアメリカ人応用言語学者のアン・クレシーニさんが日本語の達人を指南役に、どっぷりと日本語の不思議にひたる毎日を描いたビジネス教養書『教えて!宮本さん 日本人が無意識に使う日本語が不思議すぎる!』。母国語として無意識に日本語を使う日本人だからこそ、間違って使いがちな日本語、知らない日本語がたくさんあるという。

しにくい、しづらいに使い分けがある!?

アン:言葉とは時代を経て「省エネ」へと向かうもの(参照:『外国人の疑問!なぜ「桜見」でなく「花見」なのか』)ってことはわかった。普段、大学で学生たちと接していて、「り」(了解、の意味)とか、「あたおか!」(頭おかしい、の意味)とか、若い人たちはなぜそんなに略すの?と不思議だったから、謎が解けた気分だ。言語としてそう変わっていくものだとわかってすっきりした。

宮本:正しいか、間違っているかということ以上に、「言葉は使われ方によって移り変わっていくもの」と理解することが大事だと思います。

「乾きにくい」「乾きづらい」どっちが正解? (イラスト:なとみみわ)
次ページ「借金を頼みにくい」は正解? 不正解?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。