魔法級!「1枚の紙」で仕事も家事もラクになる

デキる人は「箇条書きのリスト」を書いている

「リストを人生に生かす、ちょっとした工夫」を解説します(写真:Yulia Lisitsa/iStock)
誰もが使っているけれど、少しの工夫をすることで仕事でも家庭でも威力を発揮するツール、それは「箇条書きのリスト」です。研究者かつブロガーとして日々多くのアウトプットをし、『仕事と自分を変える 「リスト」の魔法』を上梓した堀正岳氏が、「リストを人生に生かす、ちょっとした工夫」を解説します。

仕事で「やることリスト」を作っている人や、買い物に出かける前に「買い物リスト」を作ったことがある人は多いでしょう。何かメモをとるときに、意識せずとも「箇条書き」にしている人も多いはずです。

無意識に使われるので見過ごされがちですが、箇条書きのリストは、考え事をするときや、ものごとを整理したいときに、私たちが自然に選んでいる方法(ツール)です。

しかし、このありふれたツールをもっと意識的に、人生のあらゆる場所で利用することで、さらに多くのメリットを得ることができます。

仕事の進め方がラクになったり、家事や子育てのストレスが減ったり。誰にも教わっていないのに私たちがいつの間にか使っていて、仕事や家庭で驚くほどの力を発揮する「魔法」ともいえるものが、「箇条書きのリスト」なのです。

リストをつくるときの「ひと工夫」

リストを作るのは簡単です。難しく考える必要はありません。考え事や、記録したい内容を、行の先頭に記す点(バレットと呼ばれる)で区切りながら箇条書きにするだけで、立派なリストになります。

しかしいくつかの工夫をすることで、リストはより便利になります。その工夫の1つが、「字下げ」をすることによる、リストのアウトライン化です。

例えば「プレゼン資料をまとめる」というタスク(仕事)をリストにする際、

・プレゼン資料をまとめる
  → データの円グラフを作成する
  → 使用するイラスト素材を購入する

という具合に、タスクの詳細を、一段字下げした項目としてぶら下げてみましょう。たったこれだけで、仕事の「大まかな部分」と、「詳細な部分」を分離できます。

すると、あとからリストを見たときにも「そうか、プレゼン資料を作らなくてはいけないな。具体的にはどういう作業だったかな?」といったように、仕事の流れも、リストを書き出したときの思考の流れも、瞬時に思い出すことができます。

次ページアウトライン化でさらに便利に
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。