アメリカ巨人企業が支配する飲食料業界の展望

生き残りをかけた競争戦略でM&Aも活発に

アメリカのスーパーに並ぶビン入りのコカ・コーラ(写真:AP/アフロ)

私たちの生活の中で最も身近な産業といって真っ先に思い浮かぶのが食品・飲料業界。日本でも多くの企業のさまざまなブランドを冠した多種多様な製品が製造販売されているが、その中には海外企業・ブランドの製品も少なくない。こうしたブランドの多くが一握りのグローバル巨大企業の傘下にあることをご存じだろうか。

誰もが知っている「コカ・コーラ」

私たち日本人が最も身近に感じる食品・飲料企業の筆頭がコカ・コーラ。売上高318億ドル、6万2600人の従業員を擁する大企業だ。

『アメリカ会社四季報』2019年秋冬号は現在発売中。書影をクリックすると東洋経済のストアサイトにジャンプします

世界最大のブランディング企業、アメリカのインターブランド社が発表した2019年の世界企業ブランドランキングで5位(食品・飲料では1位)と世界でも有数のトップブランドの地位を維持している。

いわずと知れたノンアルコール飲料のトップメーカーで、「コカ・コーラ」「スプライト」「ファンタ」、コーヒーの「ジョージア」などブランドは粒ぞろい。爽快を売るイメージ戦略も各種のスポンサーシップやメディアを通して浸透している。

炭酸系飲料が売上過半を占めるが、炭酸や甘味料が肥満懸念から敬遠され、ミネラルウォーターなど非炭酸飲料の開拓に注力している。2015年にエナジー飲料のモンスター・ビバレッジに出資し、今年2020年は自社ブランドのエナジードリンクの世界展開もスタートする。

コカ・コーラと並ぶ世界的飲料といえば「ペプシコーラ」、展開するのはペプシコ(PEP)だ。飲料大手の一角だが、事業構成はアメリカ首位のスナック菓子と清涼飲料の2本柱で、スナックでは「フリトレー」、飲料では「ペプシコーラ」「ゲータレード」など世界規模のブランドを有する。上記の世界企業ブランドランキングでは24位(食品・飲料2位)だったが、売上高は646億ドル、従業員数は26万7000人とコカ・コーラを上回っている。

ブランド力や販売強化のため、各種企業との提携を通じた規模拡大を積極的に進めている。健康志向に対応して高級水「LIFEWTR」を発売しているが、こちらは新興アーティストによるボトルデザインにも注目が集まっている。

次ページスナック食品の世界トップ企業は?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。